鈴木良平
著者のコラム一覧
鈴木良平サッカー解説者

1949年6月12日生まれ。東京都世田谷区出身。東海大卒業後の73年、ドイツの名門ボルシアMGにコーチ留学。名将バイスバイラーの薫陶を受け、最上級ライセンスのS級ライセンスを日本人として初取得。84-85年シーズンのドイツ1部ビーレフェルトのヘッドコーチ兼ユース監督。なでしこジャパン初代専任監督。98年福岡ヘッドコーチ。

初代なでしこ監督 「佐々木監督の手法では世代交代進まない」

公開日: 更新日:

 ロンドン五輪後、佐々木監督は50、60人の若手や中堅を代表合宿などに招集し、積極的に世代交代を推し進めることを表明した。だが、試合での使い方を間違えた。

 若手らが国際レベルで通用するのか、それを推し量るためには、ベストメンバーのチームに抜擢し、そこで外国人選手相手に臆することなく、持ち味を存分に発揮できるかどうか――をテストするのが常道である。

 しかしながら、佐々木監督は「代表実績のない選手、乏しい選手ばかりのチーム=未成熟のチームの一員としてプレーさせてテストする」という手法をとった。果たしてこれで選手個々の“なでしこジャパンとしての適性”を判断できるのだろうか。断固、否である。

 東アジア杯でMF川村優理(26=仙台)の堂々とした立ち居振る舞いに目を見張った。カナダW杯にサブ要員として参加した川村は、短い時間ではあったが、実際にW杯でプレーすることで手応えを感じたのだろう。東アジア杯のピッチに登場すると、攻守にわたって圧倒的な存在感を示した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  2. 2

    日ハム西川に逆転巨人入りの目 メジャーに意欲も障壁数々

  3. 3

    安倍「桜疑獄」地元・山口で大炎上 “子分”下関市長は恐々

  4. 4

    原英莉花にも“甘い蜜”が…プラチナ世代をスポイルするTV局

  5. 5

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  6. 6

    伊藤健太郎以外も…呪われた「とんかつDJアゲ太郎」の後味

  7. 7

    テレ朝「七人の秘書」“闇の仕置き人”の最終決戦が見ものだ

  8. 8

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  9. 9

    伊藤健太郎ひき逃げ事件の余波…“空席”を埋める3人の俳優

  10. 10

    地域振興とは名ばかり…「地域共通クーポン」の散々な評判

もっと見る