世代交代が進まない「なでしこ」を待つ“最悪のシナリオ”

公開日:  更新日:

 なでしこジャパンが中国・武漢で北朝鮮、韓国相手に2連敗する姿を目の当たりにした。東アジア杯の代表メンバーは若手中心とはいえ、目に付くのは「経験のなさ」ばかりだ。日本戦のアディショナルタイムに決勝点を奪った韓国MFのチョン・ガウルは、FKの場面をこう振り返った。

「味方の頭に合わせようとも考えたが、GKが左に寄っていたので(右側を)直接狙いました」

 GKのポジショニングの拙さ以外に「壁」も4選手と少なく、高さも足りなかった。まるで「決めてください」と言わんばかりの守り方だった。

 この場面に象徴されるように、なでしこは自滅に近いミスが絶えない。

 DFがペナルティーエリア内で相手にパスしてみたり、ボランチがボールをこねくり回す間に奪われたり、不用意なパスミスからカウンターを食らったり……と枚挙にいとまがない。自分で自分の首を絞めているようなプレーが多過ぎるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

もっと見る