ライバル不在…7勝目の日ハム有原が「パ新人王」にまた一歩

公開日:  更新日:

 日本ハムの新人・有原航平(23)が20日のロッテ戦に先発。完投こそ逃したものの、8回3分の1を7安打4失点で切り抜け7勝目(4敗)を挙げ、パの新人王にまた一歩近づいた。

 有原は昨年のドラフトで4球団の1位入札が競合、くじ引きの末に入団した目玉右腕。それでも早大時代に痛めた右ヒジの不安から、デビューが5月中旬と遅れた。

 昇格後も右ヒジの状態を考慮され、登板間隔は基本的に中6日以上。球宴後だけで中7日が2回もある。投球数も1試合100球程度がメドになっている。

 同じ先発のメンドーサは基本的に中5日。二刀流を続ける大谷ですら8月は中6日。有原がいかに大事に使われているかがわかる。球団もタイトルより何より、右ヒジ痛の再発を防止することに重点を置いている。残り試合数(34)を考えれば、登板数はあと4試合か5試合。ギリギリ2ケタ勝利に届くかどうかという成績だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  3. 3

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  4. 4

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  5. 5

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  6. 6

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    南沢奈央と破局…“こじらせ男”オードリー若林に次の春は?

  9. 9

    霞が関の友人が言った「トランプは田中真紀子」の意味深長

  10. 10

    キンプリ岩橋 パニック障害で離脱の衝撃と女性問題の影響

もっと見る