有原が真価発揮の3勝目 日本ハムの“チーム方針”報われた

公開日:  更新日:

 日本ハム有原航平(22)が9日、本拠地の巨人戦に先発。最速152キロの速球を軸に、6回3分の2を2安打1失点に抑えて3勝目(1敗)を挙げた。右肘に不安を抱えるだけに、今季の活躍は無理との憶測もあったが、プロ4戦目でいよいよ真価を発揮しつつある。

 こんなエピソードがある。昨年のドラフト前の話だ。

 日本ハムは早大の有原の実力を高く評価していた。問題は昨夏、軽井沢合宿で痛めた右肘の状態だった。秋のリーグ戦もほとんど投げていない。スカウト総出で調べ上げると、MRI検査で右肘靱帯付近に薄いカゲだか筋のようなものが写っていたことがわかったという。

 もし、靱帯が傷ついているようなら、ヤンキースの田中と同じ右肘靱帯部分断裂。場合によってはトミー・ジョン手術が必要になる。「最悪手術なら投げられるようになるまで1年かかるかもしれない」というのが球団が知恵を借りた医者の見立てだったらしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る