有原が真価発揮の3勝目 日本ハムの“チーム方針”報われた

公開日: 更新日:

 日本ハム有原航平(22)が9日、本拠地の巨人戦に先発。最速152キロの速球を軸に、6回3分の2を2安打1失点に抑えて3勝目(1敗)を挙げた。右肘に不安を抱えるだけに、今季の活躍は無理との憶測もあったが、プロ4戦目でいよいよ真価を発揮しつつある。

 こんなエピソードがある。昨年のドラフト前の話だ。

 日本ハムは早大の有原の実力を高く評価していた。問題は昨夏、軽井沢合宿で痛めた右肘の状態だった。秋のリーグ戦もほとんど投げていない。スカウト総出で調べ上げると、MRI検査で右肘靱帯付近に薄いカゲだか筋のようなものが写っていたことがわかったという。

 もし、靱帯が傷ついているようなら、ヤンキースの田中と同じ右肘靱帯部分断裂。場合によってはトミー・ジョン手術が必要になる。「最悪手術なら投げられるようになるまで1年かかるかもしれない」というのが球団が知恵を借りた医者の見立てだったらしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  2. 2

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  3. 3

    「G線上のあなたと私」の “口角上げ”松下由樹は経験の賜物

  4. 4

    森喜朗の正論にIOCが無理難題 やめたやめた!五輪返上!

  5. 5

    格差広げる中高一貫校 子供の未来は12歳で決まってしまう

  6. 6

    FA美馬&鈴木獲りで“金満”原監督「人的補償は敵」の大放言

  7. 7

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  8. 8

    物事の本質触れず都合のいい数字だけ持ち出す「安倍語法」

  9. 9

    エロス全開でも恋愛封印…田中みな実が抜け出せない“過去”

  10. 10

    鈴木・美馬・福田を過大評価…凶作FAに大枚はたく球界の愚

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る