日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日ハム有原が5勝目 プロ最多126球は栗山監督の“GOサイン”

 いよいよ解禁だ。日本ハムの有原が29日のオリックス戦に先発、7回6安打無失点で5勝目を挙げた。

 球団は当初、右肘に不安のある有原に100球前後の球数制限を設けていた。それが、黒星がついた前回登板の楽天戦(21日)は110球に増え、今回はプロ入り最多の126球だった。

 五回までに8点の大量援護をもらった有原は、「今後も今日みたいに粘り強い投球をしていきたい」と語ったが、それを誰より願っているのは栗山監督に違いない。

 チームは首位ソフトバンクに6ゲーム差の2位。今週から6連戦が5週間続く苦しい時期に、栗山監督は心配なしと判断。残り約50試合でついに「GOサイン」を出した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事