本人は謙遜も 西武・秋山の最多安打に「イチロー以上」の価値

公開日: 更新日:

 もっと記録更新に胸を張っていい。

 30日のオリックス戦で、西武の秋山翔吾(27)がプロ野球シーズン最多安打記録に並んだ。この日、5打数5安打(2四球)の固め打ちでシーズン通算安打数を「214」に伸ばし、94年に210安打を放った日本人最多のイチローを超えたばかりか、10年にマートン(阪神)が記録したシーズン最多の214安打にも並んだ。今季27度目の猛打賞もプロ野球タイ記録。まさに記録ラッシュと言っていい。

 ところが、当の秋山は控えめだ。イチローが記録を達成した94年シーズンの試合数は130試合だったのに対し、現在は143試合。「当時とは試合数が違いますから。イチローさんとは比較できませんよ」と申し訳なさそうに言うのである。

 確かにそうなのだが、積み上げたヒットの中身はイチローに劣るどころか上回っている。秋山の今季の安打数のうち内野安打はわずかに17本。対して94年のイチローは33本もあった。秋山の方がイチローに比べ16本も「安打らしい安打」を打っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜にカジノ不要 藤木幸夫氏が危惧する「戦前に似た空気」

  2. 2

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  3. 3

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  4. 4

    マエケンから一発の大谷 球宴HR競争出場をハーパー後押し

  5. 5

    八幡カオルさんは試行錯誤の末“セクシー写真集”を自費出版

  6. 6

    「断熱オタク」に聞いた エコ住宅がなぜ広まらないのか?

  7. 7

    大谷の打撃をエ軍首脳陣“放任”へ 凡打での助言が今季激減

  8. 8

    焼き肉業界に足かけ7年 元ロッテ藤田宗一さんの第二の人生

  9. 9

    フジ月9出演も決定 「なつぞら」母親対決は山口智子に軍配

  10. 10

    ソニーだけが1000万円超え 大手電機8社の「平均給与」は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る