日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

本人は謙遜も 西武・秋山の最多安打に「イチロー以上」の価値

 もっと記録更新に胸を張っていい。

 30日のオリックス戦で、西武の秋山翔吾(27)がプロ野球シーズン最多安打記録に並んだ。この日、5打数5安打(2四球)の固め打ちでシーズン通算安打数を「214」に伸ばし、94年に210安打を放った日本人最多のイチローを超えたばかりか、10年にマートン(阪神)が記録したシーズン最多の214安打にも並んだ。今季27度目の猛打賞もプロ野球タイ記録。まさに記録ラッシュと言っていい。

 ところが、当の秋山は控えめだ。イチローが記録を達成した94年シーズンの試合数は130試合だったのに対し、現在は143試合。「当時とは試合数が違いますから。イチローさんとは比較できませんよ」と申し訳なさそうに言うのである。

 確かにそうなのだが、積み上げたヒットの中身はイチローに劣るどころか上回っている。秋山の今季の安打数のうち内野安打はわずかに17本。対して94年のイチローは33本もあった。秋山の方がイチローに比べ16本も「安打らしい安打」を打っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事