双方の思惑一致…カブス和田が水面下でヤクルトに売り込み

公開日: 更新日:

「日本球界復帰に傾いているようだ」

 カブスを戦力外となった和田毅(34)についてこんな声が聞かれる。

 11年オフにソフトバンクから海外FA権を行使してカブスに移籍した左腕は、1年目の12年5月に「トミー・ジョン手術」。2年間、メジャー登板がなかった。14年は13試合で4勝4敗、防御率3.25とまずまずの成績を残し、今季は先発5番手として期待されたが、4月に左足太ももを痛めてDL入り。故障が癒えた後も、カブス先発陣に割って入ることができずに1勝1敗、防御率3.62と、不完全燃焼に終わった。

「日本に戻ってきたら、2ケタは勝てる力は十分にある」とみているのはスポーツライターの友成那智氏。

「カブスは投手が揃っており、34歳の和田は構想から外れた。今オフ、先発5番手候補として1年150万ドル(約1億8000万円)程度のオファーを出す球団もあるかもしれないが、中4日の過密登板が続くメジャーは手術歴のある和田にとって酷かもしれない。ただ、ストレートは142、3キロは出ているし、スライダー、カットボールもメジャーでの評価は今も高い。日本に復帰してソフトバンク時代のように中5、6日で余裕を持って先発すれば、今年の黒田の成績(11勝8敗、防御率2・55)くらいは残すとみます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    トランプ親書を尻に?安倍首相の外交力を海外メディア酷評

  2. 2

    5%割れなら…NHKが密かに画策「いだてん」終了プラン

  3. 3

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  4. 4

    生保調査で分かった 60歳2000人貯蓄の内実と迫る消費不況

  5. 5

    「いだてん」はオワコン NHK早くも「麒麟が来る」必勝態勢

  6. 6

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  7. 7

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  8. 8

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  9. 9

    安易なトランプ依存 イラン訪問で露呈した安倍外交の限界

  10. 10

    71年に夫と失踪 園田トシ子さんはイ・スンオクと名乗る

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る