双方の思惑一致…カブス和田が水面下でヤクルトに売り込み

公開日:  更新日:

「日本球界復帰に傾いているようだ」

 カブスを戦力外となった和田毅(34)についてこんな声が聞かれる。

 11年オフにソフトバンクから海外FA権を行使してカブスに移籍した左腕は、1年目の12年5月に「トミー・ジョン手術」。2年間、メジャー登板がなかった。14年は13試合で4勝4敗、防御率3.25とまずまずの成績を残し、今季は先発5番手として期待されたが、4月に左足太ももを痛めてDL入り。故障が癒えた後も、カブス先発陣に割って入ることができずに1勝1敗、防御率3.62と、不完全燃焼に終わった。

「日本に戻ってきたら、2ケタは勝てる力は十分にある」とみているのはスポーツライターの友成那智氏。

「カブスは投手が揃っており、34歳の和田は構想から外れた。今オフ、先発5番手候補として1年150万ドル(約1億8000万円)程度のオファーを出す球団もあるかもしれないが、中4日の過密登板が続くメジャーは手術歴のある和田にとって酷かもしれない。ただ、ストレートは142、3キロは出ているし、スライダー、カットボールもメジャーでの評価は今も高い。日本に復帰してソフトバンク時代のように中5、6日で余裕を持って先発すれば、今年の黒田の成績(11勝8敗、防御率2・55)くらいは残すとみます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  5. 5

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  6. 6

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  7. 7

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    雄星メジャー“最後の壁” 球団ドクター難癖で買い叩き懸念

もっと見る