原監督も逆取材…ヤクルト“天敵”バレ復帰に巨人がビクビク

公開日:  更新日:

「我々はこういう状況(3位)の中、どの試合も大事。強い緊張感でゲームに臨むことが大事」

 首位ヤクルトを2ゲーム差で追う巨人の原辰徳監督(57)は、18日からの直接対決2連戦へ向け、こう言った。

 泰然自若とした口ぶりに聞こえるが、さにあらず。4月24日の巨人戦で左太ももを肉離れし、離脱していたウラディミール・バレンティン(31)が一軍に復帰することが明らかになり、昨17日、ジャイアンツ球場で行った全体練習中も「スタメンなの? その時はその時でしょうがない。どこ守んの? レフト?」と報道陣を逆取材するなど、気になる様子だった。

 そりゃそうだ。バレンティンの昨季の巨人戦打率は・368、8本塁打。セ・リーグのどこよりも巨人がボコボコにされた。バレンティンをはじめ、広島のエルドレッドら相手の主砲に打たれ過ぎることを問題視した原監督は、5月にバッテリーコーチを配置転換したほど。13年も・296、8本と打たれた。できれば顔を見ないで終わりたかっただろう。出るのか出ないのか、気になって当然だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る