• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

原監督も逆取材…ヤクルト“天敵”バレ復帰に巨人がビクビク

「我々はこういう状況(3位)の中、どの試合も大事。強い緊張感でゲームに臨むことが大事」

 首位ヤクルトを2ゲーム差で追う巨人の原辰徳監督(57)は、18日からの直接対決2連戦へ向け、こう言った。

 泰然自若とした口ぶりに聞こえるが、さにあらず。4月24日の巨人戦で左太ももを肉離れし、離脱していたウラディミール・バレンティン(31)が一軍に復帰することが明らかになり、昨17日、ジャイアンツ球場で行った全体練習中も「スタメンなの? その時はその時でしょうがない。どこ守んの? レフト?」と報道陣を逆取材するなど、気になる様子だった。

 そりゃそうだ。バレンティンの昨季の巨人戦打率は・368、8本塁打。セ・リーグのどこよりも巨人がボコボコにされた。バレンティンをはじめ、広島のエルドレッドら相手の主砲に打たれ過ぎることを問題視した原監督は、5月にバッテリーコーチを配置転換したほど。13年も・296、8本と打たれた。できれば顔を見ないで終わりたかっただろう。出るのか出ないのか、気になって当然だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  7. 7

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  8. 8

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

もっと見る