原監督も逆取材…ヤクルト“天敵”バレ復帰に巨人がビクビク

公開日:  更新日:

「我々はこういう状況(3位)の中、どの試合も大事。強い緊張感でゲームに臨むことが大事」

 首位ヤクルトを2ゲーム差で追う巨人の原辰徳監督(57)は、18日からの直接対決2連戦へ向け、こう言った。

 泰然自若とした口ぶりに聞こえるが、さにあらず。4月24日の巨人戦で左太ももを肉離れし、離脱していたウラディミール・バレンティン(31)が一軍に復帰することが明らかになり、昨17日、ジャイアンツ球場で行った全体練習中も「スタメンなの? その時はその時でしょうがない。どこ守んの? レフト?」と報道陣を逆取材するなど、気になる様子だった。

 そりゃそうだ。バレンティンの昨季の巨人戦打率は・368、8本塁打。セ・リーグのどこよりも巨人がボコボコにされた。バレンティンをはじめ、広島のエルドレッドら相手の主砲に打たれ過ぎることを問題視した原監督は、5月にバッテリーコーチを配置転換したほど。13年も・296、8本と打たれた。できれば顔を見ないで終わりたかっただろう。出るのか出ないのか、気になって当然だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  5. 5

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    主力組中心か…アジア杯サウジ戦の予想布陣に釜本氏が疑問

もっと見る