• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

原監督も逆取材…ヤクルト“天敵”バレ復帰に巨人がビクビク

「我々はこういう状況(3位)の中、どの試合も大事。強い緊張感でゲームに臨むことが大事」

 首位ヤクルトを2ゲーム差で追う巨人の原辰徳監督(57)は、18日からの直接対決2連戦へ向け、こう言った。

 泰然自若とした口ぶりに聞こえるが、さにあらず。4月24日の巨人戦で左太ももを肉離れし、離脱していたウラディミール・バレンティン(31)が一軍に復帰することが明らかになり、昨17日、ジャイアンツ球場で行った全体練習中も「スタメンなの? その時はその時でしょうがない。どこ守んの? レフト?」と報道陣を逆取材するなど、気になる様子だった。

 そりゃそうだ。バレンティンの昨季の巨人戦打率は・368、8本塁打。セ・リーグのどこよりも巨人がボコボコにされた。バレンティンをはじめ、広島のエルドレッドら相手の主砲に打たれ過ぎることを問題視した原監督は、5月にバッテリーコーチを配置転換したほど。13年も・296、8本と打たれた。できれば顔を見ないで終わりたかっただろう。出るのか出ないのか、気になって当然だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る