• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

M3の立役者 ヤクルト石川を突き動かす“レジェンド”の存在

 ヤクルトの石川雄規投手(35)は今年、チームの投手陣に向けて熱く語りかけたことがあった。

「今年は投手で勝ったといわれるように頑張っていこう」

 中4日でしかも微熱があっての先発マウンド。それでも巨人との優勝を争う天王山の第2ラウンドで5回3安打1失点の好投。今季13勝目を挙げ、9月は無傷の5連勝。チームに待望の優勝マジック3を点灯させた。

「大事な試合でそのことができたと思う。凄くうれしいし、すごく大きい。この年齢で大事な試合を任されることに、凄く意気に感じています」

 167センチの小さなエースはヤクルトが最後に優勝した01年のオフ、自由獲得枠で入団。02年に新人王を獲得してから、14年間で2ケタ勝利を11度達成。通算144勝は現役で4位。しかし、入団から14年間、優勝を経験していない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  3. 3

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  4. 4

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  7. 7

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

もっと見る