元南海投手の佐藤道郎さん “息子”カブス和田への熱い思い

公開日: 更新日:

 古くからのプロ野球ファンには懐かしい名前だろう。まだソフトバンクが南海だった時代、リリーフエースとして活躍した佐藤道郎さん(68)。74年、パ・リーグ初のセーブ王に輝くなど実績もさることながら、温厚で親しみやすい人柄から、ファンの間では「佐藤のみっちゃん」と呼ばれた。さて、今どうしているんだろう。

「ボクには離婚歴がありましてね。今の女房(恵子さん)とは10年ほど前に再婚しました。その連れ子が女優の仲根かすみチャン。彼女が毅君と結婚したんですが、毅君とは平成17年12月、出雲大社であった結婚式で初めて会いました。“キミの(島根県立)浜田高校の先輩に梨田昌孝(前日本ハム監督)がいるだろう。アイツ、プロ入り初ホーマーをオレから打ったんだよ”と話したら、“へぇ、ご縁があるんですねぇ”と目を丸くしてた。ホント、好青年ですよ」

 181センチ、100キロを超す巨体を揺らし、佐藤さんはこう言って目を細めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    植野妙実子氏「表現の自由」の抑圧で民主国家は成立しない

  2. 2

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  3. 3

    幼保無償化がようやくスタートも…多子世帯には厳しい現実

  4. 4

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  5. 5

    誰が見ても違反じゃないか 動かない捜査当局の腐敗堕落

  6. 6

    元おニャン子・立見里歌さん 元アイドルが子育て終えた今

  7. 7

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  8. 8

    「ゴジラvsコング」で始動 小栗旬を待つ“雑巾がけ”の日々

  9. 9

    “介護美談”もウソで離婚調停中 問われる小室哲哉の人間性

  10. 10

    政治家への金は10億円 倉田まり子さんには申し訳なかった

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る