“10連勝”なのに…SBバンデンハークは来季も「併用」濃厚

公開日: 更新日:

「彼女なしでこんな活躍は出来ないよ。いつも助けられているんだ」

 と、お立ち台でのろけたのがソフトバンクのバンデンハーク(30)。照れくさそうにはにかむと、視線をスタンドの美人妻に向けた。

 先発した15日のクライマックス・ファイナルステージ第2戦は6回5安打1失点でCS初勝利。チームはアドバンテージを含めて3勝となり、日本シリーズ出場に王手をかけた。

 バンデンハークは昨オフ、2年総額4億円で入団。外国人枠の事情で一軍デビューは6月と遅れた上、スタンリッジとの併用もあって登板数は15試合のみ。それでも負けなしの9勝を挙げ、この日も含めれば“10連勝”。「開幕から投げれば、どれだけ勝てるのか」と期待するファンは多いが、残念ながら来季も同様の起用法となりそうだ。

「今年で37歳になるスタンリッジは契約切れもあり、退団が濃厚。ただ、来季はウルフが戻ってくる。彼も今季限りの契約だが、昨シーズン中にトミー・ジョン手術をしている。完全復帰は来季以降になるので、球団も契約を延長するともっぱらです。すでに抑えのサファテは新しく3年契約を結び、中継ぎのバリオスも残留が内定している。バンデンはウルフとの併用になりそうです」(球団関係者)

 将来的なメジャー復帰を目指しているバンデンハーク。肩の消耗を抑えて大金がもらえるのだから、「併用バンザイ」だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  2. 2

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  3. 3

    ジャパンライフ詐欺は安倍‐菅案件 行政大甘対応の根源

  4. 4

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  5. 5

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  6. 6

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  7. 7

    自民コロナ陽性も濃厚接触者ゼロ 保健所“上級国民”優遇か

  8. 8

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  9. 9

    実父は有名な成功者 菅首相は苦労人どころか“お坊ちゃん”

  10. 10

    競泳・瀬戸大也に不倫認めスポンサー激震…夫婦でCM出演

もっと見る