8連勝のSBバンデンは日本語習得で“ヘプタリンガル”目指す

公開日:  更新日:

 ソフトバンクの助っ人・バンデンハークの勢いが止まらない。

 9日の日本ハム戦に先発した右腕は、序盤から低めにボールを集め、相手打線を翻弄。味方打線の大量援護もあって、6回7安打1失点でアッサリ8連勝を飾った。

「自分一人ではこの結果は出せなかった。チームメートに感謝している」とは試合後の本人。

 春季キャンプ中から先発投手陣の一角として期待されていたものの、3月に左内転筋痛で戦線離脱。開幕をファームで迎えると、以後はスタンリッジ、バリオス、サファテという3人の外国人投手が活躍し続けたこともあり、一軍からお呼びが掛からなかった。

 ところが、6月に一軍に昇格するや、連戦連勝。昨季、韓国で最優秀防御率と最多奪三振の2冠に輝いた右腕の実力は本物だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  4. 4

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る