バリオス活躍で加速 ソフトBに助っ人外国人“自前育成”計画

公開日:  更新日:

 17日の西武戦でパ・リーグ史上最速のリーグ優勝を果たしたソフトバンク。チームは日本一連覇に向けての調整をスタートしたが、「準備」はそれだけじゃない。さらなる常勝軍団を築こうと球団が密かに始めているプロジェクトがある。それが「助っ人育成工場計画」である。

 ソフトバンクの外国人補強は主に「他球団で活躍した選手の引き抜き」が中心。守護神・サファテ、先発のスタンリッジとウルフ、主砲の李大浩がそうだ。今季、新戦力で活躍した助っ人は、現在9連勝中のバンデンハーク(昨年まで韓国リーグ)だけ。そのバンデンハークも巨人との争奪戦の末に獲得した。潤沢な資金力にモノをいわせるこうした短期的なチーム強化策を続ける一方、中南米を中心とした若手有望選手を集め、助っ人を「自前」で育成しようとしているのである。

 福岡の放送関係者が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

  7. 7

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  8. 8

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  9. 9

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

  10. 10

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

もっと見る