• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

バリオス活躍で加速 ソフトBに助っ人外国人“自前育成”計画

 17日の西武戦でパ・リーグ史上最速のリーグ優勝を果たしたソフトバンク。チームは日本一連覇に向けての調整をスタートしたが、「準備」はそれだけじゃない。さらなる常勝軍団を築こうと球団が密かに始めているプロジェクトがある。それが「助っ人育成工場計画」である。

 ソフトバンクの外国人補強は主に「他球団で活躍した選手の引き抜き」が中心。守護神・サファテ、先発のスタンリッジとウルフ、主砲の李大浩がそうだ。今季、新戦力で活躍した助っ人は、現在9連勝中のバンデンハーク(昨年まで韓国リーグ)だけ。そのバンデンハークも巨人との争奪戦の末に獲得した。潤沢な資金力にモノをいわせるこうした短期的なチーム強化策を続ける一方、中南米を中心とした若手有望選手を集め、助っ人を「自前」で育成しようとしているのである。

 福岡の放送関係者が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る