• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

バリオス活躍で加速 ソフトBに助っ人外国人“自前育成”計画

 17日の西武戦でパ・リーグ史上最速のリーグ優勝を果たしたソフトバンク。チームは日本一連覇に向けての調整をスタートしたが、「準備」はそれだけじゃない。さらなる常勝軍団を築こうと球団が密かに始めているプロジェクトがある。それが「助っ人育成工場計画」である。

 ソフトバンクの外国人補強は主に「他球団で活躍した選手の引き抜き」が中心。守護神・サファテ、先発のスタンリッジとウルフ、主砲の李大浩がそうだ。今季、新戦力で活躍した助っ人は、現在9連勝中のバンデンハーク(昨年まで韓国リーグ)だけ。そのバンデンハークも巨人との争奪戦の末に獲得した。潤沢な資金力にモノをいわせるこうした短期的なチーム強化策を続ける一方、中南米を中心とした若手有望選手を集め、助っ人を「自前」で育成しようとしているのである。

 福岡の放送関係者が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  5. 5

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  6. 6

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  9. 9

    トップ3は韓国勢でも LPGAは主催者に放映権を要求するのか

  10. 10

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

もっと見る