マウンド、ベンチ裏に工夫…巨人苦しめるヤクルトの「地の利」

公開日: 更新日:

 ヤクルトが16日のCSファイナル3戦目に勝利し、王手をかけた。

 今季のヤクルトは神宮で44勝22敗1分けと圧倒的な強さを見せ、巨人戦でも8勝3敗と分が良かった。「地の利を存分に生かしていますからね」と球団OBは言う。

 その一つがマウンドである。今季からマウンドの土を粘土質のものに入れ替え、試合前にはそれをグラウンドキーパーがカチカチに固めている。球場を併用している大学野球の後に試合が行われることが多く、マウンドが荒れないようにするための工夫でもある。

 ヤクルト投手陣は投げ慣れているが、巨人にとってはこれが厄介。先発した巨人の菅野は神宮で今季、0勝3敗、防御率6.89と全く振るわず、この日も敗れた。

「足で土を掘って、自分に合った傾斜を作りづらい。菅野をはじめ、多くの投手は神宮は投げづらいと嘆いている」(巨人OB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    トランプ親書を尻に?安倍首相の外交力を海外メディア酷評

  2. 2

    5%割れなら…NHKが密かに画策「いだてん」終了プラン

  3. 3

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  4. 4

    生保調査で分かった 60歳2000人貯蓄の内実と迫る消費不況

  5. 5

    「いだてん」はオワコン NHK早くも「麒麟が来る」必勝態勢

  6. 6

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  7. 7

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  8. 8

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  9. 9

    安易なトランプ依存 イラン訪問で露呈した安倍外交の限界

  10. 10

    71年に夫と失踪 園田トシ子さんはイ・スンオクと名乗る

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る