マイコ痛恨KOも評価不変 残留へ巨人が“太っ腹契約”用意

公開日:  更新日:

 15日のクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第2戦。巨人はマイルズ・マイコラス(27)が先発したが、六回途中8安打4失点でヤクルト打線にKOされた。これで対戦成績は1勝2敗となった。

 外国人最多タイのシーズン11連勝を飾り、今季チーム勝ち頭の13勝(3敗)。最高勝率のタイトルを獲得した安定感を買われ、ファーストステージ初戦の先発に抜擢された。そこから来日初の中4日での登板だった。原監督は「中4日? 球の走りそのものは良かった。今日は少し制球がベース板の中に入ってきたというのはあるけど」と残念そうだった。

 最終戦までもつれれば、中3日で再び先発マウンドに上がる可能性がある。原監督の評価はそれほど高い。球団の評価もしかりである。このエース格の残留交渉がオフの最重要課題なのだ。

「打線が打てない中、マイコラスが加入していなかったら大変なことになっていた。CSの初戦がエースの菅野ではなく、マイコラスだったというのが、現在の立場を表している。ただ、大リーグ各球団も熱視線を送っていて復帰の可能性もウワサされている。契約面で最大限の誠意を見せることになる」(チーム関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  3. 3

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  7. 7

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

もっと見る