マイコ痛恨KOも評価不変 残留へ巨人が“太っ腹契約”用意

公開日: 更新日:

 15日のクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第2戦。巨人はマイルズ・マイコラス(27)が先発したが、六回途中8安打4失点でヤクルト打線にKOされた。これで対戦成績は1勝2敗となった。

 外国人最多タイのシーズン11連勝を飾り、今季チーム勝ち頭の13勝(3敗)。最高勝率のタイトルを獲得した安定感を買われ、ファーストステージ初戦の先発に抜擢された。そこから来日初の中4日での登板だった。原監督は「中4日? 球の走りそのものは良かった。今日は少し制球がベース板の中に入ってきたというのはあるけど」と残念そうだった。

 最終戦までもつれれば、中3日で再び先発マウンドに上がる可能性がある。原監督の評価はそれほど高い。球団の評価もしかりである。このエース格の残留交渉がオフの最重要課題なのだ。

「打線が打てない中、マイコラスが加入していなかったら大変なことになっていた。CSの初戦がエースの菅野ではなく、マイコラスだったというのが、現在の立場を表している。ただ、大リーグ各球団も熱視線を送っていて復帰の可能性もウワサされている。契約面で最大限の誠意を見せることになる」(チーム関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  2. 2

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  4. 4

    ジャパンライフ詐欺は安倍‐菅案件 行政大甘対応の根源

  5. 5

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  6. 6

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  7. 7

    自民コロナ陽性も濃厚接触者ゼロ 保健所“上級国民”優遇か

  8. 8

    実父は有名な成功者 菅首相は苦労人どころか“お坊ちゃん”

  9. 9

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  10. 10

    「集団就職」の真偽を問いただすと口調が興奮気味に一変

もっと見る