• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マイコ痛恨KOも評価不変 残留へ巨人が“太っ腹契約”用意

 15日のクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第2戦。巨人はマイルズ・マイコラス(27)が先発したが、六回途中8安打4失点でヤクルト打線にKOされた。これで対戦成績は1勝2敗となった。

 外国人最多タイのシーズン11連勝を飾り、今季チーム勝ち頭の13勝(3敗)。最高勝率のタイトルを獲得した安定感を買われ、ファーストステージ初戦の先発に抜擢された。そこから来日初の中4日での登板だった。原監督は「中4日? 球の走りそのものは良かった。今日は少し制球がベース板の中に入ってきたというのはあるけど」と残念そうだった。

 最終戦までもつれれば、中3日で再び先発マウンドに上がる可能性がある。原監督の評価はそれほど高い。球団の評価もしかりである。このエース格の残留交渉がオフの最重要課題なのだ。

「打線が打てない中、マイコラスが加入していなかったら大変なことになっていた。CSの初戦がエースの菅野ではなく、マイコラスだったというのが、現在の立場を表している。ただ、大リーグ各球団も熱視線を送っていて復帰の可能性もウワサされている。契約面で最大限の誠意を見せることになる」(チーム関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

  2. 2

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  3. 3

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  4. 4

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  5. 5

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  10. 10

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

もっと見る