アマ球界もブーイング 「野球賭博」問題で巨人ドラフト大打撃

公開日: 更新日:

「ったく、一体、巨人って球団はどうなってるんだ? 野球賭博だ、賭けマージャンだって、選手に何を教えてんだよ」

 つい最近のことだ。パ在阪球団のスカウトが関東野球名門校のグラウンドに顔を出すと、名将といわれるベテラン監督から開口一番、こう言われたという。他球団のことだし、詳しい事情も分からない。

「ホントに、ねえ?」と曖昧に同調するしかなかったそうだが、「巨人ってだけで注目されて、選手は勘違いするわ、怪しげな連中は近づいてくるわで、こういうことになるんだろうな。だいたい一軍の選手だってシーズン中に合コンだなんだと週刊誌に……」と、ベテラン監督の持論は止まらない。

 十数分後にようやく、「選手もなかなか育たない。これじゃあ、巨人に教え子を預けるのは不安だ、というアマの指導者はますます増えるよ」と言って、練習に戻っていったそうである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  2. 2

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  4. 4

    ジャパンライフ詐欺は安倍‐菅案件 行政大甘対応の根源

  5. 5

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  6. 6

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  7. 7

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  8. 8

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  9. 9

    自民コロナ陽性も濃厚接触者ゼロ 保健所“上級国民”優遇か

  10. 10

    実父は有名な成功者 菅首相は苦労人どころか“お坊ちゃん”

もっと見る