骨折離脱でチームが一丸に ソフトB内川の知られざる「人望」

公開日: 更新日:

 日本シリーズの開幕当日に左肋骨骨折が判明したソフトバンクの内川(33)。今季はシーズンを通して4番に座り、ロッテとのCSファイナルステージでは3試合連続決勝打と活躍。キャプテンとしてもナインの精神的支柱を務めていた。

 ただでさえ、戦力差を嘆いていたヤクルトにすれば、これ以上もない朗報。ようやく付け込む隙が出来た――はずだった。

 ところが内川を欠いたソフトバンクは、ヤクルトを寄せ付けず2連勝。初戦は松田が先制ソロを放ち、25日も代役4番の李大浩が2ランを打つなど、リーダー不在でも変わらぬ強さを見せつけた。

 ある球団関係者は「ナインが内川のために一丸となっている」と、こう話す。

「打撃技術はもちろんのこと、練習に取り組む姿勢、ベンチでの声出しも率先して行っている。先輩風を吹かすこともなく、『野球選手はこうあるべき』と背中で見せていますからね。そんな内川が誰よりもこだわっていたのが優勝と日本一。なにせ、万年Bクラスの横浜出身でしょう。11年に初めて日本一を経験した時はベンチで人目もはばからず号泣。当時、まだ在籍していた和田(元カブス)に『おまえは今まで、つらいことばかりだったもんなあ』と慰められていた。それだけにナインも『内川さんに日本一をプレゼントしよう!』と団結している」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<上>

  2. 2

    孤独なホームレス男性の最期を看取った女性警官の愛は無償

  3. 3

    N国議席獲得で古谷経衡氏が指摘「常識が溶けていく恐怖」

  4. 4

    8年かけて高校を卒業…同級生の“無音”の拍手に校長も感動

  5. 5

    参議院選挙の最大の敗者は「事実」という深刻な事態

  6. 6

    山本太郎らが試算 消費税ゼロで「賃金44万円アップ」の根拠

  7. 7

    ALS患者の舩後氏当選で 議事堂が迫られる改修と慣習の刷新

  8. 8

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  9. 9

    伊調敗北は“忖度判定”か…代表決定戦で新たな火種が表面化

  10. 10

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る