骨折離脱でチームが一丸に ソフトB内川の知られざる「人望」

公開日: 更新日:

 日本シリーズの開幕当日に左肋骨骨折が判明したソフトバンクの内川(33)。今季はシーズンを通して4番に座り、ロッテとのCSファイナルステージでは3試合連続決勝打と活躍。キャプテンとしてもナインの精神的支柱を務めていた。

 ただでさえ、戦力差を嘆いていたヤクルトにすれば、これ以上もない朗報。ようやく付け込む隙が出来た――はずだった。

 ところが内川を欠いたソフトバンクは、ヤクルトを寄せ付けず2連勝。初戦は松田が先制ソロを放ち、25日も代役4番の李大浩が2ランを打つなど、リーダー不在でも変わらぬ強さを見せつけた。

 ある球団関係者は「ナインが内川のために一丸となっている」と、こう話す。

「打撃技術はもちろんのこと、練習に取り組む姿勢、ベンチでの声出しも率先して行っている。先輩風を吹かすこともなく、『野球選手はこうあるべき』と背中で見せていますからね。そんな内川が誰よりもこだわっていたのが優勝と日本一。なにせ、万年Bクラスの横浜出身でしょう。11年に初めて日本一を経験した時はベンチで人目もはばからず号泣。当時、まだ在籍していた和田(元カブス)に『おまえは今まで、つらいことばかりだったもんなあ』と慰められていた。それだけにナインも『内川さんに日本一をプレゼントしよう!』と団結している」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  4. 4

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  7. 7

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  8. 8

    元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支える藤本の献身ぶり

  9. 9

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  10. 10

    打ち切り説「バイキング」に拡大報道…フジは坂上忍と心中

もっと見る