骨折離脱でチームが一丸に ソフトB内川の知られざる「人望」

公開日:  更新日:

 日本シリーズの開幕当日に左肋骨骨折が判明したソフトバンクの内川(33)。今季はシーズンを通して4番に座り、ロッテとのCSファイナルステージでは3試合連続決勝打と活躍。キャプテンとしてもナインの精神的支柱を務めていた。

 ただでさえ、戦力差を嘆いていたヤクルトにすれば、これ以上もない朗報。ようやく付け込む隙が出来た――はずだった。

 ところが内川を欠いたソフトバンクは、ヤクルトを寄せ付けず2連勝。初戦は松田が先制ソロを放ち、25日も代役4番の李大浩が2ランを打つなど、リーダー不在でも変わらぬ強さを見せつけた。

 ある球団関係者は「ナインが内川のために一丸となっている」と、こう話す。

「打撃技術はもちろんのこと、練習に取り組む姿勢、ベンチでの声出しも率先して行っている。先輩風を吹かすこともなく、『野球選手はこうあるべき』と背中で見せていますからね。そんな内川が誰よりもこだわっていたのが優勝と日本一。なにせ、万年Bクラスの横浜出身でしょう。11年に初めて日本一を経験した時はベンチで人目もはばからず号泣。当時、まだ在籍していた和田(元カブス)に『おまえは今まで、つらいことばかりだったもんなあ』と慰められていた。それだけにナインも『内川さんに日本一をプレゼントしよう!』と団結している」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る