• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

侍・小笠原が引退 19年のプロ野球人生支えた“内助の功”

 17日、引退会見に臨んだ小笠原道大(41)の表情は晴れやかだった。

「この日が来たなという感じ。あらゆる思いが交錯していますが、すっきりしています」

 史上2人目の両リーグMVPをはじめ、数々の名誉とタイトルを獲得したプロ野球人生を、「日本ハムでの10年間はプロ野球のことを勉強させてもらい、巨人では成長した姿を思い切り見せる7年間。最後の中日ではワガママを通してもらった2年間でした」と、振り返った小笠原を語るうえで欠かすことのできない存在がいる。97年のプロ入り前に入籍した、4歳年上の美代子夫人である。

 日本ハムから巨人にFA移籍した06年オフ、美代子夫人がフロント幹部宛てにしたためた手紙は今でも巨人関係者の間では語り草になっている。

<私事ではありますが、結婚して十年、「ファンからの球団からの」大切な預かり物として、小笠原と接して参りました>と始まるそれは、<このたび、多くのファイターズファンの涙と落胆という大きな大きな十字架を背負いながらも、覚悟をし飛び込んでいく決心をしたようです。受け入れてくださるお気持ちに感謝いたします>と、続いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る