意欲満々も“腹心”コーチなし DeNAラミレス監督に孤立懸念

公開日:  更新日:

「思い切って采配を振れるのかな?」

 DeNAのラミレス新監督について、こう言うのは横浜OBだ。

 ラミレス監督は6日にスタートする秋季キャンプから本格的に始動する。チームのキャンプスローガンは「凡事徹底」(当たり前のことを徹底的に行うこと)とし、FA権を行使せず残留を決めた石川、梶谷ら上位打線での盗塁数増加を掲げるなど、キャンプでは意識改革を求めて選手を鍛えるつもりだ。

 秋季練習を視察した際には新コーチ陣と面談。チーム再建に向けて気合十分のラミレス監督だが、冒頭のOBは、「いくらラミちゃんがいろいろとやりたいと思っても、果たしてコーチ陣がしっかりと機能するのか……」と、こう続けた。

「“ラミレス内閣”の組閣はすべて球団主導で行われた。高田GMがいるわけだから、それはそれで当然のことではあるけれど、ラミレス監督がただひとり、投手コーチとして入閣を希望したといわれるヤクルト前二軍監督の伊東昭光の招聘すらかなわなかった。ラミちゃんが現役時代に一緒にプレーしたり、同じユニホームを着たりしたメンバーが、投手兼任コーチの三浦しかいないのは心配。例えば、巨人の高橋、阪神の金本両新監督はそういうコーチが多く、野球観を共有しやすいだろうが、ただでさえラミちゃんは外国人で言葉の壁はどうしてもある上、NPBでコーチ経験もない中での船出。支えるコーチ陣は大切になってくるわけだから」

 ラミレス監督は5日、キャンプ地の奄美大島に入り、歓迎式典で「優勝を目指すための第一歩をこの地で踏む」と力強く語った。10年連続Bクラスのチームを立て直すのはただでさえ大変だ。キャンプでどこまでコーチとのコミュニケーションを深められるかが大きなポイントになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る