意欲満々も“腹心”コーチなし DeNAラミレス監督に孤立懸念

公開日: 更新日:

「思い切って采配を振れるのかな?」

 DeNAのラミレス新監督について、こう言うのは横浜OBだ。

 ラミレス監督は6日にスタートする秋季キャンプから本格的に始動する。チームのキャンプスローガンは「凡事徹底」(当たり前のことを徹底的に行うこと)とし、FA権を行使せず残留を決めた石川、梶谷ら上位打線での盗塁数増加を掲げるなど、キャンプでは意識改革を求めて選手を鍛えるつもりだ。

 秋季練習を視察した際には新コーチ陣と面談。チーム再建に向けて気合十分のラミレス監督だが、冒頭のOBは、「いくらラミちゃんがいろいろとやりたいと思っても、果たしてコーチ陣がしっかりと機能するのか……」と、こう続けた。

「“ラミレス内閣”の組閣はすべて球団主導で行われた。高田GMがいるわけだから、それはそれで当然のことではあるけれど、ラミレス監督がただひとり、投手コーチとして入閣を希望したといわれるヤクルト前二軍監督の伊東昭光の招聘すらかなわなかった。ラミちゃんが現役時代に一緒にプレーしたり、同じユニホームを着たりしたメンバーが、投手兼任コーチの三浦しかいないのは心配。例えば、巨人の高橋、阪神の金本両新監督はそういうコーチが多く、野球観を共有しやすいだろうが、ただでさえラミちゃんは外国人で言葉の壁はどうしてもある上、NPBでコーチ経験もない中での船出。支えるコーチ陣は大切になってくるわけだから」

 ラミレス監督は5日、キャンプ地の奄美大島に入り、歓迎式典で「優勝を目指すための第一歩をこの地で踏む」と力強く語った。10年連続Bクラスのチームを立て直すのはただでさえ大変だ。キャンプでどこまでコーチとのコミュニケーションを深められるかが大きなポイントになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  3. 3

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  4. 4

    47都道府県の1日新規感染を“東京換算” 浮かび上がる深刻さ

  5. 5

    近藤春菜”レギュラーゼロ“にならず 土俵際で見せた粘り腰

  6. 6

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  7. 7

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  8. 8

    「総辞職は時間の問題」という声も 虚ろな首相はもう限界

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    巨人OBも危惧「救援防御率」セ最下位でよぎる4年前の悪夢

もっと見る