パフォーマーにあらず DeNAラミレス新監督が持つ潜在能力

公開日:  更新日:

 21日に就任会見を行ったDeNAのアレックス・ラミレス新監督(41)。会見では、「プレッシャーはまったくない。目標は優勝。そこに向かっていけるよう、秋季キャンプから準備をしたい」と意気込みを語った。

 ラミレスといえば、「パフォーマンスの人」と思われているフシがある。

 この日は「それは筒香や梶谷にお願いして、引き継いでもらえたら(笑い)。グラウンドではしません」とパフォーマンス封印を明言したにもかかわらず、しつこいテレビ局からは、「仮にドラフトで当たりクジを引いたら、何かする予定は?」といった質問まで飛び出した。

 だが、01~07年のヤクルト時代を知る関係者は「軽く見ていると痛い目を見るよ」と、こう続ける。

「とにかく研究熱心。試合後は自宅に帰ると、その日の自身の打撃の映像を見ることを日課にしていた。『投手を攻略するためには捕手の配球を分析、研究しなきゃいけない』というのが持論で、古田監督が捕手だった頃から、よく配球について尋ねていた。打席でも相手バッテリーに狙い球を勘違いさせるため、わざと空振りをして餌をまくことも珍しくはなかった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  10. 10

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

もっと見る