パフォーマーにあらず DeNAラミレス新監督が持つ潜在能力

公開日: 更新日:

 21日に就任会見を行ったDeNAのアレックス・ラミレス新監督(41)。会見では、「プレッシャーはまったくない。目標は優勝。そこに向かっていけるよう、秋季キャンプから準備をしたい」と意気込みを語った。

 ラミレスといえば、「パフォーマンスの人」と思われているフシがある。

 この日は「それは筒香や梶谷にお願いして、引き継いでもらえたら(笑い)。グラウンドではしません」とパフォーマンス封印を明言したにもかかわらず、しつこいテレビ局からは、「仮にドラフトで当たりクジを引いたら、何かする予定は?」といった質問まで飛び出した。

 だが、01~07年のヤクルト時代を知る関係者は「軽く見ていると痛い目を見るよ」と、こう続ける。

「とにかく研究熱心。試合後は自宅に帰ると、その日の自身の打撃の映像を見ることを日課にしていた。『投手を攻略するためには捕手の配球を分析、研究しなきゃいけない』というのが持論で、古田監督が捕手だった頃から、よく配球について尋ねていた。打席でも相手バッテリーに狙い球を勘違いさせるため、わざと空振りをして餌をまくことも珍しくはなかった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事故現場の路上で開胸手術!心停止を救った医師に称賛の声

  2. 2

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  3. 3

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  4. 4

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  5. 5

    安倍政権が露骨スリ寄り 吉本興業と“ズブズブ”三文芝居

  6. 6

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  7. 7

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  8. 8

    「集団左遷!!」福山雅治さんに心配してもらった大人の部活

  9. 9

    日本人も加担 瀬取りの元祖は日朝諜報機関の“接触”だった

  10. 10

    低迷する「いきなり!ステーキ」 V字回復への起死回生策は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る