パフォーマーにあらず DeNAラミレス新監督が持つ潜在能力

公開日:  更新日:

 21日に就任会見を行ったDeNAのアレックス・ラミレス新監督(41)。会見では、「プレッシャーはまったくない。目標は優勝。そこに向かっていけるよう、秋季キャンプから準備をしたい」と意気込みを語った。

 ラミレスといえば、「パフォーマンスの人」と思われているフシがある。

 この日は「それは筒香や梶谷にお願いして、引き継いでもらえたら(笑い)。グラウンドではしません」とパフォーマンス封印を明言したにもかかわらず、しつこいテレビ局からは、「仮にドラフトで当たりクジを引いたら、何かする予定は?」といった質問まで飛び出した。

 だが、01~07年のヤクルト時代を知る関係者は「軽く見ていると痛い目を見るよ」と、こう続ける。

「とにかく研究熱心。試合後は自宅に帰ると、その日の自身の打撃の映像を見ることを日課にしていた。『投手を攻略するためには捕手の配球を分析、研究しなきゃいけない』というのが持論で、古田監督が捕手だった頃から、よく配球について尋ねていた。打席でも相手バッテリーに狙い球を勘違いさせるため、わざと空振りをして餌をまくことも珍しくはなかった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  3. 3

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る