パフォーマーにあらず DeNAラミレス新監督が持つ潜在能力

公開日: 更新日:

 21日に就任会見を行ったDeNAのアレックス・ラミレス新監督(41)。会見では、「プレッシャーはまったくない。目標は優勝。そこに向かっていけるよう、秋季キャンプから準備をしたい」と意気込みを語った。

 ラミレスといえば、「パフォーマンスの人」と思われているフシがある。

 この日は「それは筒香や梶谷にお願いして、引き継いでもらえたら(笑い)。グラウンドではしません」とパフォーマンス封印を明言したにもかかわらず、しつこいテレビ局からは、「仮にドラフトで当たりクジを引いたら、何かする予定は?」といった質問まで飛び出した。

 だが、01~07年のヤクルト時代を知る関係者は「軽く見ていると痛い目を見るよ」と、こう続ける。

「とにかく研究熱心。試合後は自宅に帰ると、その日の自身の打撃の映像を見ることを日課にしていた。『投手を攻略するためには捕手の配球を分析、研究しなきゃいけない』というのが持論で、古田監督が捕手だった頃から、よく配球について尋ねていた。打席でも相手バッテリーに狙い球を勘違いさせるため、わざと空振りをして餌をまくことも珍しくはなかった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    あとで困る?故人の銀行口座から貯金を引き出す際の注意点

  4. 4

    「ドクターX」制作未定 “ポスト米倉”は内藤剛志&金田明夫

  5. 5

    米倉涼子の大誤算…テレビ出演オファーはゼロで舞台に活路

  6. 6

    検察悩ます黒川氏賭けマージャン告発 不起訴なら非難囂々

  7. 7

    これぞ波瑠の神秘性?主演ドラマに不満アリも心はガッチリ

  8. 8

    解散・総選挙を打つ力もない安倍総理は早々に見限られる

  9. 9

    派遣社員の雇い止めに続き 12月には正社員の解雇が本格化

  10. 10

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

もっと見る