• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

07年の“強奪”再現 巨人「大補強リスト」に載る大物5人の名前

「球団には相当な危機感がある。今季の開幕戦の先発メンバーの平均年齢は31.8歳。12球団で中日に次いで2番目に高かった。野手では36歳の阿部、34歳の村田に明らかな衰えが見え、投手では33歳の内海、34歳の杉内もそう。巨大戦力といわれながら投打の柱が老朽化し、チームがガタつき始めているのは明らかです。大規模な補修工事が必要という共通認識がフロントにはあります」

 巨人のチーム関係者がこう言った。大規模な補修工事――つまり、オフに大補強に乗り出す可能性が高いということだが、すでに周辺からは具体的な名前が漏れ伝わってくる。

「補強リストのトップにいるのは、ソフトバンクの松田(32)でしょう。6月に海外FA権を取得し、今季限りで2年契約が切れる。今年は自身初の30本塁打。巨人の貧打を打開する救世主になり得る存在です。が、ソフトバンクがこのチームリーダーの流出をみすみす許すわけがなく、条件の勝負になったら巨人も太刀打ちできない。そこで両にらみで浮上してきているのが、ライバル球団の優良助っ人外国人だと聞いています」(日本テレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  6. 6

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

もっと見る