07年の“強奪”再現 巨人「大補強リスト」に載る大物5人の名前

公開日:  更新日:

「球団には相当な危機感がある。今季の開幕戦の先発メンバーの平均年齢は31.8歳。12球団で中日に次いで2番目に高かった。野手では36歳の阿部、34歳の村田に明らかな衰えが見え、投手では33歳の内海、34歳の杉内もそう。巨大戦力といわれながら投打の柱が老朽化し、チームがガタつき始めているのは明らかです。大規模な補修工事が必要という共通認識がフロントにはあります」

 巨人のチーム関係者がこう言った。大規模な補修工事――つまり、オフに大補強に乗り出す可能性が高いということだが、すでに周辺からは具体的な名前が漏れ伝わってくる。

「補強リストのトップにいるのは、ソフトバンクの松田(32)でしょう。6月に海外FA権を取得し、今季限りで2年契約が切れる。今年は自身初の30本塁打。巨人の貧打を打開する救世主になり得る存在です。が、ソフトバンクがこのチームリーダーの流出をみすみす許すわけがなく、条件の勝負になったら巨人も太刀打ちできない。そこで両にらみで浮上してきているのが、ライバル球団の優良助っ人外国人だと聞いています」(日本テレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  5. 5

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  6. 6

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  7. 7

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  8. 8

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  9. 9

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る