退任後も引っ張りダコ 中畑DeNA前監督は“キヨシ節”絶好調

公開日:  更新日:

 電撃退任からおよそ20日。DeNAの前監督・中畑清氏が、25日の日本シリーズ第2戦のゲスト解説としてヤフオクドームに現れた。退任後、久しぶりに公の場に現れた中畑氏は、ソフトバンクの王会長と15分ほど対面した後、グラウンドへ。ヤクルトの真中監督らと会話した。

「辞めたご挨拶ですよ。(真中監督から)お疲れさまでした、と言っていただきました。今年は対ヤクルトに8勝17敗で優勝に貢献した? 真中からお歳暮が来るんじゃないの? 俺のとこに(笑い)」と、キヨシ節は相変わらず。

 古巣の後任に監督時代の選手だったラミレス監督が就任したことについては、「いや、それはもう俺の手から離れたことだからあれだけど、期待はしてますよ。優勝争いするチームになってくれるんじゃないかな。ラミレス監督はどんな野球をすると思う? まだ、そこまでは考えてない。それは新しい監督が決めることだから。まあ、やってくれるでしょ」と語った。

 もともとトーク上手なうえに、現場感を豊富に盛り込んだテレビ解説はおおむね好評。今後は評論を軸に活動していくそうで、神宮での3連戦中もゲスト解説をする予定。

 監督を辞めても引っ張りダコのようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  3. 3

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  4. 4

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  5. 5

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  6. 6

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

もっと見る