手腕未知数のラミレスに新監督託すDeNAの“ソロバン勘定”

公開日: 更新日:

 10年連続Bクラスの負け犬球団が、来季は外国人監督で巻き返しを図るという。

 DeNAは19日、新監督に球団OBのアレックス・ラミレス(41)が就任すると発表した。契約期間は2年で、21日に横浜市内のホテルで就任会見を行う。

 今季は中畑清監督(61)のもと前半戦を首位で折り返しながら後半戦に失速。終わってみれば最下位に沈み、シーズン終了を前に中畑監督が辞任した。球団は大魔神こと佐々木主浩氏(現野球解説者)、球団史上最高助っ人といわれたロバート・ローズら複数の球団OBを次期監督の候補に挙げていたといわれるが、2012年の球団創設から2年間、主砲を務めたラミレスで一本化した。

 前身の大洋時代も含めて球団史上初の外国人指揮官で巻き返しを図るが新監督の手腕は未知数だ。14年には独立リーグ群馬でコーチ兼選手となり、今年7月には3カ月契約でオリックスの巡回アドバイザーを務めるなど指導者を務めたが、監督経験は皆無だ。ラミレスには投打とも課題山積みのDeNAの再建は荷が重過ぎることだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    トランプ親書を尻に?安倍首相の外交力を海外メディア酷評

  2. 2

    5%割れなら…NHKが密かに画策「いだてん」終了プラン

  3. 3

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  4. 4

    生保調査で分かった 60歳2000人貯蓄の内実と迫る消費不況

  5. 5

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  6. 6

    「いだてん」はオワコン NHK早くも「麒麟が来る」必勝態勢

  7. 7

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  8. 8

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  9. 9

    安易なトランプ依存 イラン訪問で露呈した安倍外交の限界

  10. 10

    「心残りはアメリカを見ずに死ぬことさ」と言い残した学徒特攻隊員

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る