韓国主力選手「不正賭博」が暗示する日本球界“再犯”の現実味

公開日:  更新日:

「プレミア12」の日本(B組1位)は19日、準決勝で韓国(同3位)と東京ドームで再戦する。予選ラウンドは5-0と完勝。小久保監督はすでに、先発は1次ラウンドと同じ大谷でいくと明言。「決勝進出は堅い」と思っているファンは少なくないようだが、実は韓国チームの戦力がガタ落ちしている。

 韓国では先月、サムスンの選手が中国マカオのカジノで、暴力団絡みで数億ウォン(数千万円)の賭け金が動いた賭博をやっていたというニュースが社会を揺るがせた。

 不正賭博に手を出したのは、今年33セーブでタイトルを取り、かつてヤクルトに在籍していた林昌勇(イム・チャンヨン=39)、17勝8敗の尹盛桓(ユン・ソンファン=34)、最多ホールド(17H)の安志晩(アン・ジマン=32)の3人。いずれも代表入りするはずのメンバーが、賭博が原因で外れたのだ。

 韓国では2011年、サッカーのKリーグとバレーボールのVリーグの八百長事件が発覚。その後、プロ野球でも金銭授受のあった八百長が行われたことが明らかになり、ツインズの2選手が永久除名処分を受けた。今回の3選手による不正賭博が事実なら、11年の八百長事件から、わずか4年しかたっていないタイミングでの不祥事だ。選手たちにとって「永久追放」という厳しい処分も、再犯防止に効果はなかったといえる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る