• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マリナーズと合意も 青木「正式契約」の鍵握る健康診断

 ジャイアンツからFAになっていた青木宣親外野手(33)がマリナーズと1年契約で合意に達した。

 AP通信ら複数の米メディアが伝えたところによれば、17年の契約は球団に選択権のあるオプションだという。

 今年9月に就任したジェリー・ディポトGMは14年の本塁打王(40本)のクルーズ外野手を来季はDHに専念させる方針。主に右翼を守った主砲の後釜に青木を起用するとみられる。

 今季の青木は6月に故障で離脱するまで首位打者争いに名を連ねるなど、昨季のチャンピオンチームを牽引。リードオフマンとして期待されるが、近日中に行われる健康診断の結果次第では契約は白紙に戻される可能性がある。

 青木は8月に頭部死球による脳振とうで故障者リスト(DL)入り。9月に入って脳振とうの症状が再発し、DL入りしたままシーズンを終えた。ジャイアンツは青木のフィジカル面を不安視し、再契約を見送ったといわれるだけに脳振とうの回復具合が正式契約の鍵を握る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  4. 4

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  5. 5

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  8. 8

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る