• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「青木より評価は上」200本安打の西武秋山にメジャー熱視線

 あっさりと金字塔に到達したのも、決してフロックではない。

 13日のロッテ戦でプロ野球史上6人目となるシーズン200安打に到達した西武・秋山翔吾(27)のことだ。

 五回2死二塁の3打席目。涌井の変化球に食らいつきながら放った打球は三塁手のグラブをはじいて左翼前へ。ベースに到達して安打が記録されると、塁上でヘルメットを脱いで何度もファンに頭を下げた。この日は5打数2安打でシーズン201安打とした。

「打った直後は(三遊間を)抜けたか分からなかったので、必死に走った。(安打を)ここまで積み重ねてこられたのはうれしい」(秋山)

 シーズン131試合目での200安打到達は94年のイチロー(122試合目)に次ぐ、史上2番目のスピード記録。プロ5年目で一度も打率3割を記録したことがない男がここまでやるとはシーズン前、誰も予想できなかっただろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  4. 4

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  7. 7

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  8. 8

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  9. 9

    日本が「国後・択捉」領有権を主張できる根拠は存在しない

  10. 10

    大坂に体作りとコートへの集中力を促したコーチの手練手管

もっと見る