「青木より評価は上」200本安打の西武秋山にメジャー熱視線

公開日:  更新日:

 あっさりと金字塔に到達したのも、決してフロックではない。

 13日のロッテ戦でプロ野球史上6人目となるシーズン200安打に到達した西武・秋山翔吾(27)のことだ。

 五回2死二塁の3打席目。涌井の変化球に食らいつきながら放った打球は三塁手のグラブをはじいて左翼前へ。ベースに到達して安打が記録されると、塁上でヘルメットを脱いで何度もファンに頭を下げた。この日は5打数2安打でシーズン201安打とした。

「打った直後は(三遊間を)抜けたか分からなかったので、必死に走った。(安打を)ここまで積み重ねてこられたのはうれしい」(秋山)

 シーズン131試合目での200安打到達は94年のイチロー(122試合目)に次ぐ、史上2番目のスピード記録。プロ5年目で一度も打率3割を記録したことがない男がここまでやるとはシーズン前、誰も予想できなかっただろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る