今季復帰に黄信号 ジャイアンツ青木は「頭部死球後遺症」深刻

公開日: 更新日:

 日本人外野手が深刻な後遺症に悩まされている。

 今季は死球に悩まされているジャイアンツ・青木宣親(33)のことだ。

 5日(日本時間6日)に体調不良を訴えてロッキーズ戦を欠場。遠征先のコロラド州デンバーのホテルで起床した際、胸が苦しくなるなど、8月9日のカブス戦で頭部死球を受けた際に脳振とうを起こした時と同様の症状が出たためだ。

 6日の試合前に会見したブルース・ボウチー監督によれば、今後はチームのアリゾナ遠征(ダイヤモンドバックス戦)に帯同し、9日(同10日)にもピッツバーグ大学の脳振とうに関する権威であるマイケル・コリンズ医師の診察を受けるという。

 指揮官は「症状が改善されたら、ノリ(青木)には再び、我々の力になってほしい」と心配そうな表情で話した。

 青木は8月に死球を受けた際、「脳振とうリスト」といわれる7日間の故障者リスト(DL)に入った。その後、症状は改善して20日のパイレーツ戦で戦列復帰を果たした。死球の後遺症は打撃にも影響したのか、復帰後は50打数10安打の打率2割と精彩を欠き、スタメンを外れるのも珍しくなかった。

 プレーの可否は医師の診断次第だが、今季絶望どころか下手をすれば、選手生命も脅かされかねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  2. 2

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  4. 4

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  5. 5

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  6. 6

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  7. 7

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

  8. 8

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る