今季復帰に黄信号 ジャイアンツ青木は「頭部死球後遺症」深刻

公開日:  更新日:

 日本人外野手が深刻な後遺症に悩まされている。

 今季は死球に悩まされているジャイアンツ・青木宣親(33)のことだ。

 5日(日本時間6日)に体調不良を訴えてロッキーズ戦を欠場。遠征先のコロラド州デンバーのホテルで起床した際、胸が苦しくなるなど、8月9日のカブス戦で頭部死球を受けた際に脳振とうを起こした時と同様の症状が出たためだ。

 6日の試合前に会見したブルース・ボウチー監督によれば、今後はチームのアリゾナ遠征(ダイヤモンドバックス戦)に帯同し、9日(同10日)にもピッツバーグ大学の脳振とうに関する権威であるマイケル・コリンズ医師の診察を受けるという。

 指揮官は「症状が改善されたら、ノリ(青木)には再び、我々の力になってほしい」と心配そうな表情で話した。

 青木は8月に死球を受けた際、「脳振とうリスト」といわれる7日間の故障者リスト(DL)に入った。その後、症状は改善して20日のパイレーツ戦で戦列復帰を果たした。死球の後遺症は打撃にも影響したのか、復帰後は50打数10安打の打率2割と精彩を欠き、スタメンを外れるのも珍しくなかった。

 プレーの可否は医師の診断次第だが、今季絶望どころか下手をすれば、選手生命も脅かされかねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  6. 6

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る