今季復帰に黄信号 ジャイアンツ青木は「頭部死球後遺症」深刻

公開日: 更新日:

 日本人外野手が深刻な後遺症に悩まされている。

 今季は死球に悩まされているジャイアンツ・青木宣親(33)のことだ。

 5日(日本時間6日)に体調不良を訴えてロッキーズ戦を欠場。遠征先のコロラド州デンバーのホテルで起床した際、胸が苦しくなるなど、8月9日のカブス戦で頭部死球を受けた際に脳振とうを起こした時と同様の症状が出たためだ。

 6日の試合前に会見したブルース・ボウチー監督によれば、今後はチームのアリゾナ遠征(ダイヤモンドバックス戦)に帯同し、9日(同10日)にもピッツバーグ大学の脳振とうに関する権威であるマイケル・コリンズ医師の診察を受けるという。

 指揮官は「症状が改善されたら、ノリ(青木)には再び、我々の力になってほしい」と心配そうな表情で話した。

 青木は8月に死球を受けた際、「脳振とうリスト」といわれる7日間の故障者リスト(DL)に入った。その後、症状は改善して20日のパイレーツ戦で戦列復帰を果たした。死球の後遺症は打撃にも影響したのか、復帰後は50打数10安打の打率2割と精彩を欠き、スタメンを外れるのも珍しくなかった。

 プレーの可否は医師の診断次第だが、今季絶望どころか下手をすれば、選手生命も脅かされかねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  2. 2

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  3. 3

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  4. 4

    学会員の動き鈍く…投票率上昇で公明「選挙区1勝6敗」危機

  5. 5

    浅田真央「24時間テレビ」起用で日テレが弾くソロバン

  6. 6

    宮迫のしくじりで好機 ミキらお笑い“第7世代”の虎視眈々

  7. 7

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  8. 8

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  9. 9

    巨人50勝一番乗り&リーグ貯金独り占めで「CS不要論」再燃

  10. 10

    仙道敦子は脇役で存在感だが…夫・緒形直人の気になる今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る