今季復帰に黄信号 ジャイアンツ青木は「頭部死球後遺症」深刻

公開日:  更新日:

 日本人外野手が深刻な後遺症に悩まされている。

 今季は死球に悩まされているジャイアンツ・青木宣親(33)のことだ。

 5日(日本時間6日)に体調不良を訴えてロッキーズ戦を欠場。遠征先のコロラド州デンバーのホテルで起床した際、胸が苦しくなるなど、8月9日のカブス戦で頭部死球を受けた際に脳振とうを起こした時と同様の症状が出たためだ。

 6日の試合前に会見したブルース・ボウチー監督によれば、今後はチームのアリゾナ遠征(ダイヤモンドバックス戦)に帯同し、9日(同10日)にもピッツバーグ大学の脳振とうに関する権威であるマイケル・コリンズ医師の診察を受けるという。

 指揮官は「症状が改善されたら、ノリ(青木)には再び、我々の力になってほしい」と心配そうな表情で話した。

 青木は8月に死球を受けた際、「脳振とうリスト」といわれる7日間の故障者リスト(DL)に入った。その後、症状は改善して20日のパイレーツ戦で戦列復帰を果たした。死球の後遺症は打撃にも影響したのか、復帰後は50打数10安打の打率2割と精彩を欠き、スタメンを外れるのも珍しくなかった。

 プレーの可否は医師の診断次第だが、今季絶望どころか下手をすれば、選手生命も脅かされかねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

もっと見る