松吉信
著者のコラム一覧
松吉信ゴルフドクター

1963年生まれ、東京出身。青山学院大学時代はゴルフ部主将。倉本昌弘プロの専属キャディーを務め、20勝近くに貢献しプロキャディーの草分け的存在。95年にプロゴルファーのマネジメントを行うエイジ・シューターを設立。98年は服部道子と専属マネジメント契約を結び、同年賞金女王へと導いた。著書に「本能で!ゴルフ いまの貴方のままで80が切れる新理論」「グリップを直すだけでゴルフが変わるから〝もういちど練習してみよう〟と思える」(ともに東邦出版)など多数。

グリーン回りから絶対にトップしないグリップ

公開日: 更新日:
イラスト・たかぎしひろや

 グリーンそばまで手堅くボールを運び、次打をピンそばに寄せたらパーセーブも可能という状況からアプローチがトップ。

 グリーンを大きくオーバーして上がったらダブルボギー、トリプルボギーといった手痛いミスは誰でも経験があるはずです。

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  5. 5

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  6. 6

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  7. 7

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

  10. 10

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

もっと見る