中井学
著者のコラム一覧
中井学プロゴルファー

1972年生まれ、大阪府出身。中学生の時にゴルフを始め、高校卒業後に米国へゴルフ留学。さまざまな理論を学んだ後に帰国し、現在はプロコーチとしてツアープロからアマチュアまで指導する。テレビのレッスン番組など各メディアでも活躍中。99年日本ゴルフツアー機構が実施するQT通過ですでにツアープレーヤーとして知られ、今年は日本プロゴルフ協会のプロテストに挑戦。プレ予選、第1次、第2次、最終を経て合格した55人中、2位タイの好成績でPGA資格を獲得した。

ウエッジの飛距離ギャップをなくす

公開日: 更新日:
中井学プロ(C)日刊ゲンダイ

ティーアップドリルですくい打ちを矯正

 プロゴルファーの影響もあってか、アマチュアもキャディーバッグに数本のウエッジを入れています。

 なかでも、52度と58度のウエッジを組み合わせている人を多く見ます。

 しかし、52度のウエッジで打つと100ヤード近くも…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

  4. 4

    志村けんさん「笑いの美学」鉄道員で共演の高倉健も惚れた

  5. 5

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

  6. 6

    月25万円の年金生活 2万円で大好きな遺跡や寺社仏閣巡り

  7. 7

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  8. 8

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  9. 9

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  10. 10

    西武選手も合コン…海外日本人選手との“コロナ温度差”は何

もっと見る