日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
羽川豊
著者のコラム一覧
羽川豊プロゴルファー

1957年栃木県出身。79年日本学生ゴルフ選手権優勝。翌80年にプロテストに合格すると、ルーキーイヤーの81年は日本オープン、日本シリーズに優勝。同年代の湯原信光、倉本昌弘とともに「ニューウェーブ三羽烏」と呼ばれた。82年にはメジャーのマスターズから招待され、初出場で15位。「世界最強レフティー」と絶賛された。現在はシニアツアーでプレー。テレビ解説者としても活躍している。

メジャー出場は海外で権利を奪う時代

 プロゴルファーの世界ではワールドランク(WR)の重みが増しています。私が現役のころは日本ツアーも試合がどんどん増えて、WRの順位アップよりも日本で勝つことに集中していました。その結果、日本ツアーの賞金王になったり、賞金上位ならマスターズから招待状が届いたのです。

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事