日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
羽川豊
著者のコラム一覧
羽川豊プロゴルファー

1957年栃木県出身。79年日本学生ゴルフ選手権優勝。翌80年にプロテストに合格すると、ルーキーイヤーの81年は日本オープン、日本シリーズに優勝。同年代の湯原信光、倉本昌弘とともに「ニューウェーブ三羽烏」と呼ばれた。82年にはメジャーのマスターズから招待され、初出場で15位。「世界最強レフティー」と絶賛された。現在はシニアツアーでプレー。テレビ解説者としても活躍している。

リオ五輪は日本ゴルフ界活性化のチャンス

米参戦経験があり、昨年全米女子オープン5位の大山志保は有力候補(C)日刊ゲンダイ

 今年のリオ五輪(8月5日開幕)では112年ぶりにゴルフ競技が復活します。

 男女ともワールドランク15位内なら1カ国最高4選手まで出場できますが、現時点でその資格をクリアしている日本選手は、松山英樹(15位)ただ1人です。

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事