日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

自主トレ公開の虎藤浪 課題の「高い再現性」に必要なこと

 課題が解消されれば、大投手になれるかもしれない。4日に自主トレを公開した阪神の藤浪晋太郎(21)のことだ。

 昨季、14勝を挙げて最多奪三振(221)のタイトルを獲得。飛躍を遂げた4年目右腕はさらなる高みを目指し、「自分自身のいいフォームで繰り返し投げられるように『再現性』を高めたい」としている。

 藤浪の課題は制球力の向上。「コントロールがいいほうではない」と自覚しているとはいえ、昨季もボールが高めに浮き、痛打されるケースが目立った。終盤には右肩の炎症で「プレミア12」を辞退しており、ケガを避けるためにもフォームの安定が求められる。

 制球を改善するため、本人は指先の感覚を大事にしたいと考えている。ならば昨春キャンプで臨時コーチを務めたOBの江夏豊氏が言っていたように、「キャッチボールから全身を使って投げる」ことがきっかけになるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事