日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

阪神率いる金本監督の素顔は“アニキ”たるゆえん数々

巨人の高橋由伸監督と並び注目される阪神・金本知憲監督(47)。現役時代から「アニキ」と慕われてきただけに、どんな采配を振るうかは虎ファンならずとも興味津々だが、その人柄からか意外な人脈が浮かびあがった。

■趣味
 現役引退後にはまったのはゴルフ。ハワイやラスベガスへ旅行に行っても必ずクラブを握る。

「ゴルフは右打ち。打撃同様スイングは豪快。プロに教わったこともあり、調子が良ければ80台前半で回るが、100以上打つこともしばしばある」(関係者)

■車
 愛車は黒の英国高級車、アストンマーチン。仕事の移動には運転手付きのアルファードを使用。

■人脈
 若い頃に広島で厳しい指導を受けた三村敏之、山本一義、高代延博が恩師。16年はヘッドコーチに高代を起用する。星野、岡田という元阪神監督を慕い、中日の落合GMの打撃理論に心酔する。広島で同僚だった佐々岡真司、西山秀二と仲が良く、新井貴浩は弟分。阪神に移籍してからも打撃に悩む新井の面倒を見ていた。阪神でともに優勝した今岡、赤星、浜中、片岡、藤本、久慈などが金本一派だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事