18年目にして「投手主将」に…阪神福原の“金本評”は?

公開日: 更新日:

 阪神はプロ球界の中でも特異な球団だ。

 フロントや監督が代わるたびに、割を食うコーチや選手が出てくる。かつてほどではないとはいえ、球団内部に派閥があるためらしい。

 そんな阪神でプロ18年目、計6監督目にして「投手主将」に指名されたのがチーム最年長、38歳の福原忍だ。

 今季61試合に登板して6勝4敗1セーブ。セットアッパーとして39ホールドポイントをマークし、2年連続で最優秀中継ぎ投手に。契約更改では3000万円増、自己最多の1億5000万円でサインした。

 6日、福原を投手主将に指名したことを明らかにした金本監督によれば「のんびりしているように見えて、意外としっかりしている。きちんと意見も言う」そうだ。

 投げ続ける体力はもちろん、そのあたりが阪神で長生きする秘訣に違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  3. 3

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  4. 4

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  5. 5

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  6. 6

    安倍氏任意聴取の狙い 特捜部は十八番のウソを見破れるか

  7. 7

    吉川元農相は大臣室で現ナマ疑惑…「鶏卵汚職」何人いる?

  8. 8

    安倍氏の発言に納得 嘘が許されるなら国会自体意味がない

  9. 9

    “鶏卵疑惑”自民に飛び火か…これがズブズブ「献金リスト」

  10. 10

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

もっと見る