マウンドから舞台へ 元阪神・嶋尾康史が役者に捧げた20年

公開日:  更新日:

運が運呼び俳優に

 元プロ選手がタレントに転向するのは珍しいことではない。しかし、「俳優」となるとかなり異色だ。その1人が元プロ野球投手で来年役者歴20年を迎える嶋尾康史さん(47)。現在、テレビドラマや舞台で活躍する個性派俳優で、昨年末にはNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」にも出演した。

「おかげさまで今でも現場で『元阪神の…』と言ってくださる人がいる。やっぱり関西地区での阪神の看板は絶大。阪神には感謝してもしきれない。野球を辞めてからずっとそう感じています」

 嶋尾さんは86年ドラフト2位で阪神入り。プロ2年目から主に先発として活躍も、たび重なる右ヒジ故障もあって96年に引退。翌年から役者の道に足を踏み入れた。

 もっとも、当初は俳優になるつもりは全くなかった。

「現役時代から故障がちだったので、野球をやめた後は体への興味もあって柔道整復師を目指そうと考えていました。でも偶然、戦力外を受けた直後に知人の映画監督を通じて今の事務所の社長と知り合ったのがこの世界に入ったきっかけです。最初は野球解説者からスタートしたのですが、これも偶然、事務所が同時期に俳優養成所を始め、それで『役者も』となったわけです。幸い、俳優として動き出した直後にテレ東の連ドラでのデビューも決まった。今思えば、本当に運が運を呼んだ感じ。人生ってわかりませんし、怖いですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  7. 7

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  8. 8

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  9. 9

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

  10. 10

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

もっと見る