• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

呉昇桓だけじゃない 阪神に巣食う「助っ人不良化」の法則

 前阪神の呉昇桓が窮地に追い込まれた。

 9日、不法賭博容疑でソウル中央地検の取り調べを受け、疑惑の一部を認めたと韓国マスコミが報じた。阪神復帰が消滅する可能性が高まった。

 それにしても、阪神でプレーした助っ人は“問題児”が多い。今季限りで退団したマートンは暴言を吐くなど素行が問題視され、ゴメスもパスポートを紛失したとして、今年のキャンプは合流が遅れた。

 阪神は以前と比べて、助っ人の調査不足で失敗に終わることは少なくなったが、優良助っ人が入団後に不良化するケースが目立つのだ。

 ある阪神OBが「阪神は他球団がうらやむほど、助っ人に高給を保証する。それが手抜きをしたり増長したりする一因になっている」と言えば、阪神に詳しい作家の山田隆道氏は、「阪神は昔から生え抜き志向が乏しく、助っ人や他球団の優秀な選手を欲しがる傾向がある。『東京』や『アメリカ』といったビッグネームをありがたがる、関西特有のローカル根性に起因しているとみています」と語り、さらにこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  7. 7

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  8. 8

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

もっと見る