打撃は絶賛も…巨人期待の岡本に唯一ダメ出しする鬼コーチ

公開日:  更新日:

「岡本、レギュラー取りへ驚異の大飛球!」

 スポーツ紙風に言えば、こんなところか。巨人期待の岡本和真(19)が12日、キャンプ初の紅白戦に出場。主力と同じ紅組の「6番・三塁」に名を連ね、その1打席目だった。ドラ1ルーキー桜井が投じた初球の106キロカーブを強振すると、角度よく打ち出された打球はバックスクリーン左へ一直線。強い逆風に押し戻されて中飛となったが、視察したネット裏の他球団スコアラーは「風がなければスタンドに入っていた」と目を丸くした。

 3打数無安打ながら、高橋監督が「内容は良かったと思う」とニッコリすれば、臨時コーチを務める松井も「内容は悪くない」と同じコメント。スコアラーも「2打席目のレフトフライも感じとしては悪くなかった。やっぱり打撃はいいものがある」と警戒した。

 35歳のベテラン村田との正三塁手争いに注目が集まる中、高卒2年目の大砲候補は首脳陣にもマスコミにも持ち上げられているが、岡本には守備に大きな課題がある。キャンプでは連日の早出特守。この日は紅白戦後に居残りで守備練習を行った。こちらも着実にステップアップしているのか。井端弘和内野守備走塁コーチ(40)に聞いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る