• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

他球団007ニンマリ…調子上向きG4番候補ギャレット“丸裸”

 メジャー通算122発の助っ人が実力の片鱗を見せた。11日、巨人の宮崎キャンプは第3クールに入り、初めて行われたシート打撃で新外国人のギャレット・ジョーンズ(34=左投げ左打ち)が本塁打を放った。

「苦手」とされる左腕・公文の、甘く入ったスライダーを見逃さなかった。バットにうまく乗せた打球はポールを巻いて右翼席で弾んだ。高橋監督は「飛ぶね。向こう(メジャー)では左投手の時は出場機会がなかったと聞いているけど、数多く打席に立てば関係なくなるんじゃない?」と上機嫌。内田打撃コーチも「キレるかなと思ったらフェードで戻ってきた。いい打ち方してるんだよ」と興奮気味だった。

 他球団の偵察隊は巨人の首脳陣以上に喜んだ。セ・リーグのあるスコアラーがこう言った。

「さすがに当たれば飛びますね。4番候補だし、今季の巨人の生命線。もちろん警戒してますよ。ただ、今の時期はどんどん打ってもらって、得意なコースや球種、どれくらいの確率で打ち返せるのかを見せて欲しい。どこが打てないかは、対外試合が始まってからでいい。オープン戦で『データを取りたいから打たせてくれ』と自分のチームの投手に頼んでも、アピールしたい若手は嫌がるんです。2年前のアンダーソンには、まんまとやられましたからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  9. 9

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る