他球団007ニンマリ…調子上向きG4番候補ギャレット“丸裸”

公開日: 更新日:

 メジャー通算122発の助っ人が実力の片鱗を見せた。11日、巨人の宮崎キャンプは第3クールに入り、初めて行われたシート打撃で新外国人のギャレット・ジョーンズ(34=左投げ左打ち)が本塁打を放った。

「苦手」とされる左腕・公文の、甘く入ったスライダーを見逃さなかった。バットにうまく乗せた打球はポールを巻いて右翼席で弾んだ。高橋監督は「飛ぶね。向こう(メジャー)では左投手の時は出場機会がなかったと聞いているけど、数多く打席に立てば関係なくなるんじゃない?」と上機嫌。内田打撃コーチも「キレるかなと思ったらフェードで戻ってきた。いい打ち方してるんだよ」と興奮気味だった。

 他球団の偵察隊は巨人の首脳陣以上に喜んだ。セ・リーグのあるスコアラーがこう言った。

「さすがに当たれば飛びますね。4番候補だし、今季の巨人の生命線。もちろん警戒してますよ。ただ、今の時期はどんどん打ってもらって、得意なコースや球種、どれくらいの確率で打ち返せるのかを見せて欲しい。どこが打てないかは、対外試合が始まってからでいい。オープン戦で『データを取りたいから打たせてくれ』と自分のチームの投手に頼んでも、アピールしたい若手は嫌がるんです。2年前のアンダーソンには、まんまとやられましたからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍昭恵夫人の“奇抜ドレス”「即位礼正殿の儀」をブチ壊し

  2. 2

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  3. 3

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  4. 4

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  5. 5

    DeNA筒香が大打撃…侍メンバー漏れでメジャー挑戦に暗雲

  6. 6

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  7. 7

    南アに“ジェイミー流”で屈辱ノートライ W杯4強逃した背景

  8. 8

    CS出場なのに…阪神“蚊帳の外”侍Jに選出ゼロという悲哀

  9. 9

    ラグビー協会に内紛…ジョセフHC続投に“慎重論”で大迷走

  10. 10

    日本シリーズ初勝利 “鷹サブマリン”高橋を待つバラ色オフ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る