他球団007ニンマリ…調子上向きG4番候補ギャレット“丸裸”

公開日:  更新日:

 メジャー通算122発の助っ人が実力の片鱗を見せた。11日、巨人の宮崎キャンプは第3クールに入り、初めて行われたシート打撃で新外国人のギャレット・ジョーンズ(34=左投げ左打ち)が本塁打を放った。

「苦手」とされる左腕・公文の、甘く入ったスライダーを見逃さなかった。バットにうまく乗せた打球はポールを巻いて右翼席で弾んだ。高橋監督は「飛ぶね。向こう(メジャー)では左投手の時は出場機会がなかったと聞いているけど、数多く打席に立てば関係なくなるんじゃない?」と上機嫌。内田打撃コーチも「キレるかなと思ったらフェードで戻ってきた。いい打ち方してるんだよ」と興奮気味だった。

 他球団の偵察隊は巨人の首脳陣以上に喜んだ。セ・リーグのあるスコアラーがこう言った。

「さすがに当たれば飛びますね。4番候補だし、今季の巨人の生命線。もちろん警戒してますよ。ただ、今の時期はどんどん打ってもらって、得意なコースや球種、どれくらいの確率で打ち返せるのかを見せて欲しい。どこが打てないかは、対外試合が始まってからでいい。オープン戦で『データを取りたいから打たせてくれ』と自分のチームの投手に頼んでも、アピールしたい若手は嫌がるんです。2年前のアンダーソンには、まんまとやられましたからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

もっと見る