• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マシソンの二軍落ちもある 巨人に「勝利の方程式」改革案

 巨人5年目の剛腕が飛ばしている。スコット・マシソン(31)が9日、宮崎キャンプで初の打撃投手を務めた。重信、立岡を相手に計46球。半数近くがボール球だったものの、持ち前の剛速球でほとんど安打性の当たりを許さない投球で貫禄を見せた。

 勝ち試合のセットアッパー、いわゆる「勝利の方程式」の一角ながら、現在は先発調整中。「腕の状態はいい。全ての球種を試した。言われたところで対応できるように打者と対戦するマウンドの数を重ねていきたい。調子はとてもいい」と言って汗を拭うと、さらに「今の段階では球数を多く投げて先発調整しているけど、そこからリリーフに戻るのは難しいことではない。逆はムリだけどね。チームの要望で投げるのが前提。過去4年は平均で60試合投げている。先発もできると証明したい」と腕まくりした。今季は7人の外国人選手が4枠を争う。尾花投手コーチも「状態はいい」と話したが、一方で仰天プランを温めていた。尾花コーチに近い球界OBがこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  9. 9

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

  10. 10

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

もっと見る