マシソンの二軍落ちもある 巨人に「勝利の方程式」改革案

公開日: 更新日:

 巨人5年目の剛腕が飛ばしている。スコット・マシソン(31)が9日、宮崎キャンプで初の打撃投手を務めた。重信、立岡を相手に計46球。半数近くがボール球だったものの、持ち前の剛速球でほとんど安打性の当たりを許さない投球で貫禄を見せた。

 勝ち試合のセットアッパー、いわゆる「勝利の方程式」の一角ながら、現在は先発調整中。「腕の状態はいい。全ての球種を試した。言われたところで対応できるように打者と対戦するマウンドの数を重ねていきたい。調子はとてもいい」と言って汗を拭うと、さらに「今の段階では球数を多く投げて先発調整しているけど、そこからリリーフに戻るのは難しいことではない。逆はムリだけどね。チームの要望で投げるのが前提。過去4年は平均で60試合投げている。先発もできると証明したい」と腕まくりした。今季は7人の外国人選手が4枠を争う。尾花投手コーチも「状態はいい」と話したが、一方で仰天プランを温めていた。尾花コーチに近い球界OBがこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  2. 2

    内閣支持率が急降下 現実味を帯びてきた安倍首相の終わり

  3. 3

    コロナ“現地対策本部長”橋本議員 写真削除で露呈した無能

  4. 4

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    自民の圧力か ANAホテル豹変しメディアの桜質問にゼロ回答

  7. 7

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  8. 8

    安倍首相の嘘にもう驚かない 耐性ができたが用心はしてる

  9. 9

    クルーズ船“潜入”医師 安倍政権の感染デタラメ対応を暴露

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る