• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マシソンの二軍落ちもある 巨人に「勝利の方程式」改革案

 巨人5年目の剛腕が飛ばしている。スコット・マシソン(31)が9日、宮崎キャンプで初の打撃投手を務めた。重信、立岡を相手に計46球。半数近くがボール球だったものの、持ち前の剛速球でほとんど安打性の当たりを許さない投球で貫禄を見せた。

 勝ち試合のセットアッパー、いわゆる「勝利の方程式」の一角ながら、現在は先発調整中。「腕の状態はいい。全ての球種を試した。言われたところで対応できるように打者と対戦するマウンドの数を重ねていきたい。調子はとてもいい」と言って汗を拭うと、さらに「今の段階では球数を多く投げて先発調整しているけど、そこからリリーフに戻るのは難しいことではない。逆はムリだけどね。チームの要望で投げるのが前提。過去4年は平均で60試合投げている。先発もできると証明したい」と腕まくりした。今季は7人の外国人選手が4枠を争う。尾花投手コーチも「状態はいい」と話したが、一方で仰天プランを温めていた。尾花コーチに近い球界OBがこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  4. 4

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  5. 5

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  6. 6

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  7. 7

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  8. 8

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  9. 9

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  10. 10

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

もっと見る