ローテ狙う燕ドラ1原 先輩・小川に弟子入りで何学んだ?

公開日:  更新日:

「キャンプが始まってから、指先にボールが伝わる感じが一番良かった」

 ヤクルトのドラフト1位右腕の原樹理(東洋大)が12日、キャンプ初の打撃投手に登板。西浦、荒木に対して計43球を投じ、安打性の当たりは3本。カットボールで西浦のバットを粉砕した。

 球速は140キロに満たなかったが、スライダーとチェンジアップに加えてカットボール、そして最大の武器であるシュートも交えた。高津投手コーチは「最初は緊張していたので、『打者と勝負してスライダーで空振りを取ってみろ』と言ったら、スライダーで空振りを取った。あれは良いボールだった」と話し、2度目の打撃投手を挟んだ上で、練習試合に登板する予定だ。

 本人いわく、「人見知りするタイプなんですよ」と言うが、キャンプ早々に先輩の小川に“弟子入り”した。トレーニング方法に加え、新球チェンジアップの握りを教わった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る