日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ローテ狙う燕ドラ1原 先輩・小川に弟子入りで何学んだ?

「キャンプが始まってから、指先にボールが伝わる感じが一番良かった」

 ヤクルトのドラフト1位右腕の原樹理(東洋大)が12日、キャンプ初の打撃投手に登板。西浦、荒木に対して計43球を投じ、安打性の当たりは3本。カットボールで西浦のバットを粉砕した。

 球速は140キロに満たなかったが、スライダーとチェンジアップに加えてカットボール、そして最大の武器であるシュートも交えた。高津投手コーチは「最初は緊張していたので、『打者と勝負してスライダーで空振りを取ってみろ』と言ったら、スライダーで空振りを取った。あれは良いボールだった」と話し、2度目の打撃投手を挟んだ上で、練習試合に登板する予定だ。

 本人いわく、「人見知りするタイプなんですよ」と言うが、キャンプ早々に先輩の小川に“弟子入り”した。トレーニング方法に加え、新球チェンジアップの握りを教わった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事