• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

国学院主将就任時から3年 ヤクルト谷内がつける日記の中身

「大学4年の時から、日記をつけています。半年ほど中断してしまった時期もあるんですけど、再開して、今は2冊目に入りました」

 こう語るのは、4年目の谷内亮太内野手(25)。日記をつけるきっかけは、「国学院大4年時に主将に就任したこと」と言う。

「選手をまとめる立場になって、自分として思ったこと、取り組んだことはこの先、プロに進んだ時だけでなく、社会人になっても絶対に生きると思いました」

 ある日の日記にはこう記してある。

「どんな状況でもプラス思考を持って、前日に最善の準備をして、自信を持って試合に臨むことが大切だ」

 谷内が言う。

「調子を落とした時に、うまくいっている時の心境や考え方が書いてある部分を見返すことで、またあの時と同じ気持ちで野球に取り組もうと思うことができる。それに、その日その日の考えや思いを文字に落とし込むことで、気持ちがリセットできる部分もあります」

 昨季は一軍出場が4試合にとどまったが、「今年はショートのレギュラーを目指したい。レギュラーを狙うために、キャンプでしっかり準備をして、実戦で結果を残したいと思っています」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る