国学院主将就任時から3年 ヤクルト谷内がつける日記の中身

公開日: 更新日:

「大学4年の時から、日記をつけています。半年ほど中断してしまった時期もあるんですけど、再開して、今は2冊目に入りました」

 こう語るのは、4年目の谷内亮太内野手(25)。日記をつけるきっかけは、「国学院大4年時に主将に就任したこと」と言う。

「選手をまとめる立場になって、自分として思ったこと、取り組んだことはこの先、プロに進んだ時だけでなく、社会人になっても絶対に生きると思いました」

 ある日の日記にはこう記してある。

「どんな状況でもプラス思考を持って、前日に最善の準備をして、自信を持って試合に臨むことが大切だ」

 谷内が言う。

「調子を落とした時に、うまくいっている時の心境や考え方が書いてある部分を見返すことで、またあの時と同じ気持ちで野球に取り組もうと思うことができる。それに、その日その日の考えや思いを文字に落とし込むことで、気持ちがリセットできる部分もあります」

 昨季は一軍出場が4試合にとどまったが、「今年はショートのレギュラーを目指したい。レギュラーを狙うために、キャンプでしっかり準備をして、実戦で結果を残したいと思っています」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  2. 2

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  3. 3

    小室哲哉カネと女で晩節汚し…推定資産1000億円からの転落

  4. 4

    小池知事「4都県 2週間延長」巡り3知事を“騙し討ち”の姑息

  5. 5

    久美子氏が「従業員持株会」に宛てた“圧力”メールの中身

  6. 6

    落合監督は首脳陣と選手の食事会場を分け酒の差し入れも

  7. 7

    浮上する緊急宣言「3.21全国拡大」変異株感染が各地で続々

  8. 8

    落合監督の「虫けらノック」で井端、荒木、森野は成長した

  9. 9

    日本で変異株が…ワクチン効きにくいと指摘の南ア型に酷似

  10. 10

    久美子氏は社員に警告「勝久会長への協力は就業規則違反」

もっと見る