• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

熾烈ヤクルト外野手争い 故障不安消えたバレ補欠の現実味

 今年は身分安泰とはいかない。

 20日、ヤクルトの一、二軍合同スタッフ会議が開かれ、キャンプメンバーの振り分けなどを話し合い、ドラフト1位・原樹理(東洋大)、同5位・山崎晃大朗(日大)の一軍スタートが内定。真中監督は「周りの選手もいるが、気負わず自分のペースでやってほしい」と、話した。

 リーグ連覇に向けて、新人の活躍も期待したいところだが、何より気になるのが助っ人バレンティンの復活だ。

 14年オフに左足首を手術した影響で来日が大幅にずれ込んだ昨季は、4月24日に復帰するも、わずか1試合で今度は左太ももを痛めて手術。9月18日に一軍復帰したが、わずか15試合で打率.186、1本塁打、6打点と精彩を欠いた。

 このオフにティー打撃やシャトルランなどで自主トレに励む映像を確認したという真中監督は、「経過の報告は非常にいい。今のところは大丈夫そう。本人が何とか今年、やってやろうという思いはあると思うし、やってほしい」と期待を寄せている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  3. 3

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  4. 4

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  5. 5

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  6. 6

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る