熾烈ヤクルト外野手争い 故障不安消えたバレ補欠の現実味

公開日: 更新日:

 今年は身分安泰とはいかない。

 20日、ヤクルトの一、二軍合同スタッフ会議が開かれ、キャンプメンバーの振り分けなどを話し合い、ドラフト1位・原樹理(東洋大)、同5位・山崎晃大朗(日大)の一軍スタートが内定。真中監督は「周りの選手もいるが、気負わず自分のペースでやってほしい」と、話した。

 リーグ連覇に向けて、新人の活躍も期待したいところだが、何より気になるのが助っ人バレンティンの復活だ。

 14年オフに左足首を手術した影響で来日が大幅にずれ込んだ昨季は、4月24日に復帰するも、わずか1試合で今度は左太ももを痛めて手術。9月18日に一軍復帰したが、わずか15試合で打率.186、1本塁打、6打点と精彩を欠いた。

 このオフにティー打撃やシャトルランなどで自主トレに励む映像を確認したという真中監督は、「経過の報告は非常にいい。今のところは大丈夫そう。本人が何とか今年、やってやろうという思いはあると思うし、やってほしい」と期待を寄せている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    二階堂ふみがトバッチリ…森七菜“移籍騒動”本当の黒幕は?

  2. 2

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  3. 3

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  4. 4

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  5. 5

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  6. 6

    南ア型「変異種」市中感染の恐怖 抗体もワクチンも効かず

  7. 7

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

  8. 8

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  9. 9

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  10. 10

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

もっと見る