熾烈ヤクルト外野手争い 故障不安消えたバレ補欠の現実味

公開日:  更新日:

 今年は身分安泰とはいかない。

 20日、ヤクルトの一、二軍合同スタッフ会議が開かれ、キャンプメンバーの振り分けなどを話し合い、ドラフト1位・原樹理(東洋大)、同5位・山崎晃大朗(日大)の一軍スタートが内定。真中監督は「周りの選手もいるが、気負わず自分のペースでやってほしい」と、話した。

 リーグ連覇に向けて、新人の活躍も期待したいところだが、何より気になるのが助っ人バレンティンの復活だ。

 14年オフに左足首を手術した影響で来日が大幅にずれ込んだ昨季は、4月24日に復帰するも、わずか1試合で今度は左太ももを痛めて手術。9月18日に一軍復帰したが、わずか15試合で打率.186、1本塁打、6打点と精彩を欠いた。

 このオフにティー打撃やシャトルランなどで自主トレに励む映像を確認したという真中監督は、「経過の報告は非常にいい。今のところは大丈夫そう。本人が何とか今年、やってやろうという思いはあると思うし、やってほしい」と期待を寄せている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  7. 7

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  8. 8

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る