「燕進化」掲げたヤクルト 伝統の“再生工場”が連覇のカギ

公開日: 更新日:

 昨年、14年ぶりのリーグ優勝を果たしたヤクルトは、新チームスローガンを「燕進化」とした。選手のみならず、首脳陣も進化することでさらなる強固なチームをつくりたいというわけだ。

 今年は指導力が問われる年になるだろう。成瀬、大引をFAで獲得した昨年とは打って変わり、このオフはデイビーズ(前ヤンキース)ら助っ人投手を3人、前オリックスの坂口、前日本ハムの鵜久森という戦力外選手の補強にとどまった。

 そこで注目されるのがヤクルト伝統の「再生工場」。過去には田畑一也、前田浩継、入来智、小早川毅彦、鈴木健といった選手がヤクルト入団後に活躍した。坂口、鵜久森はもちろん、生え抜きを含めた投手の「再生」もポイントになる。

 メジャー移籍した抑えのバーネットの後釜づくりに加え、先発ローテの強化も課題。現状では、小川、石川、館山が確定しているが、4番手以降は新外国人のデイビーズ、杉浦、山中、成瀬らの争いになる。ヤクルトOBが言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  3. 3

    菅政権で内紛 総務相めぐる“嫌がらせ人事”に麻生氏激怒

  4. 4

    「長澤会」躍進 東出昌大かばう“男気”に心酔する女優続々

  5. 5

    なぜ芸能界に「自殺」連鎖が…芸能リポーターが憂う“残像”

  6. 6

    自閉症の子が愛する缶詰がコロナで店から消え…幸せな結末

  7. 7

    隠し子疑惑に陰毛事件 坂本1億総活躍相は“下半身ネタ”豊富

  8. 8

    アベノマスクやはり“バカ高”だった…黒塗り忘れで単価バレ

  9. 9

    長澤まさみ20周年に相次ぐ試練…共演者の死と元カレ逮捕

  10. 10

    竹内結子さんと芦名星さんを結ぶ点と線…連鎖はあるのか?

もっと見る