他球団も警戒 ヤクルト成瀬が“右曲がり”新球で復活気配

公開日: 更新日:

「シュートなのか、ツーシームなのか……。打撃投手の段階のレベルでも、使えそうな気がします」

 こう語るのは、ライバル球団のスコアラーだ。

 8日、ヤクルトの成瀬が打撃投手でバレンティン、山田に対して計40球を投じた。

 昨季はロッテからFA移籍してきたが、わずか14試合で3勝8敗と期待を裏切った。そんな左腕に対してライバル球団の007が警戒したのは、昨秋キャンプから取り組んでいる新しい球種だ。

 プロ通算91勝左腕が「進化」をするために「変化」しようとしている。これまで成瀬は、スライダー、チェンジアップ、カーブという、打者からすれば左曲がりの変化球で勝負してきた。加えて、逆方向に曲がる球種を習得することで「モデルチェンジ」を試みようというわけだ。対戦した山田も、「右打者から逃げるようなボールだった」と話したこの新球について成瀬は「まだ隠しますよ」とけむに巻いたが、「使うかどうかは決めていないが、投げている時は良い感じなので、あとは内外角に投げ分けられるか」と、手ごたえを感じている様子だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  5. 5

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  6. 6

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  7. 7

    川口春奈“本格女優”は茨の道 NHK大河のご祝儀も期限切れ?

  8. 8

    評論家・佐高信氏 理不尽な要求に経営者は抵抗してほしい

  9. 9

    ビートたけし「芸能界最高齢」婚は色ボケか 識者2人が分析

  10. 10

    “私人”昭恵氏の夫人付き職員問題 今も3人が「専任」の仰天

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る