• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

他球団も警戒 ヤクルト成瀬が“右曲がり”新球で復活気配

「シュートなのか、ツーシームなのか……。打撃投手の段階のレベルでも、使えそうな気がします」

 こう語るのは、ライバル球団のスコアラーだ。

 8日、ヤクルトの成瀬が打撃投手でバレンティン、山田に対して計40球を投じた。

 昨季はロッテからFA移籍してきたが、わずか14試合で3勝8敗と期待を裏切った。そんな左腕に対してライバル球団の007が警戒したのは、昨秋キャンプから取り組んでいる新しい球種だ。

 プロ通算91勝左腕が「進化」をするために「変化」しようとしている。これまで成瀬は、スライダー、チェンジアップ、カーブという、打者からすれば左曲がりの変化球で勝負してきた。加えて、逆方向に曲がる球種を習得することで「モデルチェンジ」を試みようというわけだ。対戦した山田も、「右打者から逃げるようなボールだった」と話したこの新球について成瀬は「まだ隠しますよ」とけむに巻いたが、「使うかどうかは決めていないが、投げている時は良い感じなので、あとは内外角に投げ分けられるか」と、手ごたえを感じている様子だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  10. 10

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

もっと見る