今季も進む意識改革 ヤクルト強力打線に“鬼に金棒”計画

公開日: 更新日:

「攻撃側からすると捕手がブロックできない分、点が入りやすいイメージですね」

 こう言うのは、ヤクルトの真中監督だ。

 4日、本塁上のクロスプレーで今季から「新ルール」が適用されることを受け、審判団も伴って本塁クロスプレーの守備、走塁練習を行った。

 捕手のベース上でのブロックや、走者の捕手へのタックルが禁止される。捕手は走路を空ける必要があるため、捕球時はホームベースの前や打席ボックスに立ち、いわゆる「追いタッチ」の形をとらざるを得ない。

 練習中は選手から捕手に向けて「今のはブロックだ!」との声も出る中、新ルール適用で最も影響を受けそうな捕手の中村はこんな感想を漏らした。

「衝突プレーがなくなりケガのリスクは減るが、今回の練習ではアウトのタイミングでもほとんどがセーフだった。得点がすごく増えると思う。走者の走塁技術がうまいと、タッチをかいくぐって点になるし、タッチをしている間に打者走者が二塁に行くケースも想定しないといけない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  7. 7

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  8. 8

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  9. 9

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  10. 10

    ロシア紙さえも“詭弁”と評したプーチン大統領の特異解釈

もっと見る