今季も進む意識改革 ヤクルト強力打線に“鬼に金棒”計画

公開日:  更新日:

「攻撃側からすると捕手がブロックできない分、点が入りやすいイメージですね」

 こう言うのは、ヤクルトの真中監督だ。

 4日、本塁上のクロスプレーで今季から「新ルール」が適用されることを受け、審判団も伴って本塁クロスプレーの守備、走塁練習を行った。

 捕手のベース上でのブロックや、走者の捕手へのタックルが禁止される。捕手は走路を空ける必要があるため、捕球時はホームベースの前や打席ボックスに立ち、いわゆる「追いタッチ」の形をとらざるを得ない。

 練習中は選手から捕手に向けて「今のはブロックだ!」との声も出る中、新ルール適用で最も影響を受けそうな捕手の中村はこんな感想を漏らした。

「衝突プレーがなくなりケガのリスクは減るが、今回の練習ではアウトのタイミングでもほとんどがセーフだった。得点がすごく増えると思う。走者の走塁技術がうまいと、タッチをかいくぐって点になるし、タッチをしている間に打者走者が二塁に行くケースも想定しないといけない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  10. 10

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

もっと見る