今季も進む意識改革 ヤクルト強力打線に“鬼に金棒”計画

公開日:  更新日:

「攻撃側からすると捕手がブロックできない分、点が入りやすいイメージですね」

 こう言うのは、ヤクルトの真中監督だ。

 4日、本塁上のクロスプレーで今季から「新ルール」が適用されることを受け、審判団も伴って本塁クロスプレーの守備、走塁練習を行った。

 捕手のベース上でのブロックや、走者の捕手へのタックルが禁止される。捕手は走路を空ける必要があるため、捕球時はホームベースの前や打席ボックスに立ち、いわゆる「追いタッチ」の形をとらざるを得ない。

 練習中は選手から捕手に向けて「今のはブロックだ!」との声も出る中、新ルール適用で最も影響を受けそうな捕手の中村はこんな感想を漏らした。

「衝突プレーがなくなりケガのリスクは減るが、今回の練習ではアウトのタイミングでもほとんどがセーフだった。得点がすごく増えると思う。走者の走塁技術がうまいと、タッチをかいくぐって点になるし、タッチをしている間に打者走者が二塁に行くケースも想定しないといけない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

もっと見る