• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

トラのアニキよ、アンタが目立ってどうすんだ?

 いつからか、プロ野球中継は負けようが勝とうがベンチの監督の表情を大写しにするようになった。したり顔の原、不愉快をまんま顔に出して当たり散らす星野。

 新聞の見出しも「原巨人」「星野楽天」。おいおいチームは誰のもんじゃい? 実力ではなく、メディアへの露出度が(自称)名将もどきを生む。

 勝つためにチームを厳しく律するが、ベンチでは決して悪目立ちせず、選手を前面に出すように振る舞うべし。現役時代にゃ派手なバック宙でホームインしてみせた秋山幸二。監督になったらなるべく目立たないように振る舞った。あくまで野球は選手がやるもの。健全な傾向だ。

 中畑清が阪神タイガースのキャンプを訪れて、金本新監督に「監督が目立つようじゃダメだぞ」と言った。金本は引退試合、試合後の挨拶で、礼を尽くしてベンチ前に整列して待っていてくれた相手チームの中畑監督に向かって「ベイスターズは、監督が目立ちすぎるのはどうかと思います」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  2. 2

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  3. 3

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  4. 4

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  5. 5

    安倍首相ミエミエ被災地利用 閣僚も国民に“逆ギレ”の末期

  6. 6

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  7. 7

    西村氏の謝罪が火に油 安倍自民“言い訳”に嘘発覚で大炎上

  8. 8

    5000万円疑惑 落ち目の細野豪志氏がすがった“意外な人物”

  9. 9

    文科省の収賄局長が失った 麻布の“億ション”セレブライフ

  10. 10

    防災にどれだけ本気? 安倍政権で「次は東京」という恐怖

もっと見る