• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ライバル007「大谷超えも」 日ハム有原はどう成長したのか

「大谷以上に警戒する必要が出てきた」

 21日のロッテとのオープン戦。日本ハムの大谷が「5番DH」として先発出場して1安打を打ったものの、ネット裏に集まった他球団スコアラーの目を釘付けにしたのは2年目右腕の有原航平(23)だった。

 先発候補の1人として、4番手で3イニングの投球。根元に適時打を打たれるなど、4安打1失点だった。日ハムの大渕SDは「彼は失点しながら調整していくタイプ。今日も良い出来でしたよ」と話したが、あるパ球団スコアラーは「順調どころか……」と言って、こう続ける。

「フォームが変わっていた。具体的に言えばフォロースルー。これまでは振り切った右腕が、体の左側面を叩くことが多かった。それだけ腕が振れているというより、明らかに力んでいます、といった感じだったのが、今はリリースの瞬間だけピュッと力が入る感じ。フォロースルーが小さくなった。それでいて、球威やスピードはさほど変わっていない。つまり、力まなくてもボールにパワーを伝えるコツを掴んだのだろう。となれば、投球にも余裕が出てくる。ただでさえ有原は変化球の球種が豊富。ピッチングの組み立てにも幅が出てくるだろうね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  7. 7

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  8. 8

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

もっと見る