ライバル007「大谷超えも」 日ハム有原はどう成長したのか

公開日: 更新日:

「大谷以上に警戒する必要が出てきた」

 21日のロッテとのオープン戦。日本ハムの大谷が「5番DH」として先発出場して1安打を打ったものの、ネット裏に集まった他球団スコアラーの目を釘付けにしたのは2年目右腕の有原航平(23)だった。

 先発候補の1人として、4番手で3イニングの投球。根元に適時打を打たれるなど、4安打1失点だった。日ハムの大渕SDは「彼は失点しながら調整していくタイプ。今日も良い出来でしたよ」と話したが、あるパ球団スコアラーは「順調どころか……」と言って、こう続ける。

「フォームが変わっていた。具体的に言えばフォロースルー。これまでは振り切った右腕が、体の左側面を叩くことが多かった。それだけ腕が振れているというより、明らかに力んでいます、といった感じだったのが、今はリリースの瞬間だけピュッと力が入る感じ。フォロースルーが小さくなった。それでいて、球威やスピードはさほど変わっていない。つまり、力まなくてもボールにパワーを伝えるコツを掴んだのだろう。となれば、投球にも余裕が出てくる。ただでさえ有原は変化球の球種が豊富。ピッチングの組み立てにも幅が出てくるだろうね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  4. 4

    菅野美穂「ウチカレ」不評…“恋愛の神様”はオワコンなのか

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  7. 7

    自宅コロナ死急増「病床不足」の裏に退院できる患者の滞留

  8. 8

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

  9. 9

    大栄翔が初優勝 平幕V続出「戦国時代」の裏の“角界の凋落”

  10. 10

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

もっと見る