捕手6人でも「未解決」…日ハム大谷を悩ます「正妻問題」

公開日:  更新日:

 19日、日本ハムの大谷翔平(21)がアリゾナキャンプから帰国後、初のブルペン入り。直球と変化球、合わせて49球を投げた。

「段階を追って、徐々に良くなっている。今日も全体的には悪くはなかった。投げた変化球はカーブとスライダーとフォーク。打撃投手の予定? 特にそれは出る必要がないかな、と。後は実戦の中でやれればいい」

 と話した大谷。開幕を見据えた調整に余念がなく、順調にステップアップしているといえそうだ。

 問題は大谷の160キロを受ける捕手だ。昨季もスタメンマスクをかぶったのは近藤(22)が52試合、大野(29)が48試合、市川(30)が33試合。これは複数捕手の併用ではなく、ケガなど一年通してマスクをかぶれない事情があったからだ。

 それは今季も変わらない。近藤は送球イップスの上、昨年12月の自主トレ中に左ヒザを負傷。大野はまだ、昨年悩まされた右ヒジ痛の影響が残っている。市川は14年に椎間板ヘルニアの手術をしており、年間通して試合に出ることは不可能だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  7. 7

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る