捕手6人でも「未解決」…日ハム大谷を悩ます「正妻問題」

公開日: 更新日:

 19日、日本ハム大谷翔平(21)がアリゾナキャンプから帰国後、初のブルペン入り。直球と変化球、合わせて49球を投げた。

「段階を追って、徐々に良くなっている。今日も全体的には悪くはなかった。投げた変化球はカーブとスライダーとフォーク。打撃投手の予定? 特にそれは出る必要がないかな、と。後は実戦の中でやれればいい」

 と話した大谷。開幕を見据えた調整に余念がなく、順調にステップアップしているといえそうだ。

 問題は大谷の160キロを受ける捕手だ。昨季もスタメンマスクをかぶったのは近藤(22)が52試合、大野(29)が48試合、市川(30)が33試合。これは複数捕手の併用ではなく、ケガなど一年通してマスクをかぶれない事情があったからだ。

 それは今季も変わらない。近藤は送球イップスの上、昨年12月の自主トレ中に左ヒザを負傷。大野はまだ、昨年悩まされた右ヒジ痛の影響が残っている。市川は14年に椎間板ヘルニアの手術をしており、年間通して試合に出ることは不可能だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  3. 3

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  4. 4

    焦るトランプ…フロリダ州で負ければ米大統領選はアウト

  5. 5

    持続化給付金の不正受給 早急に返金と自首をするべき

  6. 6

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  7. 7

    白石麻衣10.28乃木坂卒業で注目 ソロ活動と恋愛解禁Xデー

  8. 8

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  9. 9

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

  10. 10

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

もっと見る