捕手6人でも「未解決」…日ハム大谷を悩ます「正妻問題」

公開日: 更新日:

 19日、日本ハムの大谷翔平(21)がアリゾナキャンプから帰国後、初のブルペン入り。直球と変化球、合わせて49球を投げた。

「段階を追って、徐々に良くなっている。今日も全体的には悪くはなかった。投げた変化球はカーブとスライダーとフォーク。打撃投手の予定? 特にそれは出る必要がないかな、と。後は実戦の中でやれればいい」

 と話した大谷。開幕を見据えた調整に余念がなく、順調にステップアップしているといえそうだ。

 問題は大谷の160キロを受ける捕手だ。昨季もスタメンマスクをかぶったのは近藤(22)が52試合、大野(29)が48試合、市川(30)が33試合。これは複数捕手の併用ではなく、ケガなど一年通してマスクをかぶれない事情があったからだ。

 それは今季も変わらない。近藤は送球イップスの上、昨年12月の自主トレ中に左ヒザを負傷。大野はまだ、昨年悩まされた右ヒジ痛の影響が残っている。市川は14年に椎間板ヘルニアの手術をしており、年間通して試合に出ることは不可能だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  3. 3

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  4. 4

    自衛隊員ゼロに…安倍政権が千葉県被災者の雨ざらしを放置

  5. 5

    台風19号被害拡大 災害頻発列島で疑問だらけの対策対応<1>

  6. 6

    スコットランド戦のキーマン WTB松島幸太朗の“超速伝説”

  7. 7

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  8. 8

    楽天新監督に三木氏 石井GM絶賛の育成とマネジメント能力

  9. 9

    3歳男児が2歳妹の髪を切ったら…斬新なヘアスタイルに!

  10. 10

    W杯特需に期待せざるを得ない日本ラグビー界のお寒い事情

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る