• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

捕手6人でも「未解決」…日ハム大谷を悩ます「正妻問題」

 19日、日本ハムの大谷翔平(21)がアリゾナキャンプから帰国後、初のブルペン入り。直球と変化球、合わせて49球を投げた。

「段階を追って、徐々に良くなっている。今日も全体的には悪くはなかった。投げた変化球はカーブとスライダーとフォーク。打撃投手の予定? 特にそれは出る必要がないかな、と。後は実戦の中でやれればいい」

 と話した大谷。開幕を見据えた調整に余念がなく、順調にステップアップしているといえそうだ。

 問題は大谷の160キロを受ける捕手だ。昨季もスタメンマスクをかぶったのは近藤(22)が52試合、大野(29)が48試合、市川(30)が33試合。これは複数捕手の併用ではなく、ケガなど一年通してマスクをかぶれない事情があったからだ。

 それは今季も変わらない。近藤は送球イップスの上、昨年12月の自主トレ中に左ヒザを負傷。大野はまだ、昨年悩まされた右ヒジ痛の影響が残っている。市川は14年に椎間板ヘルニアの手術をしており、年間通して試合に出ることは不可能だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  3. 3

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  6. 6

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  7. 7

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  10. 10

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

もっと見る