パ投手陣の“凶作”が幸い 日ハム有原がわずか8勝で新人賞

公開日: 更新日:

「まさかボクが取れると思っていなかったので、正直びっくりしていますが、うれしいです。(来季の目標は)生まれ変わった投球をしたい」

 日本ハム有原航平(23)がパ・リーグの新人王を獲得した。

 即戦力候補として、昨年のドラフトで4球団が競合した大型右腕も、開幕前から右ヒジに不安を抱え、ようやく先発ローテに定着したのは5月に入ってからだった。

 しかも、18試合に先発して8勝6敗、防御率4.79。右ヒジを考慮され、計103回3分の1投げただけだった。1試合平均の投球回数は6回に満たない。これでは本人も納得いくはずがない。

 ここ10年間、パ・リーグの新人王に輝いた先発で、2ケタ勝っていない投手はいない。それでも新人王を取れたのだから、それだけ今季のパ・リーグが不作を通り越して凶作だったということ。有原はプロ入りした年に恵まれた。

 なお、セ・リーグはDeNAの山崎康晃が選ばれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  2. 2

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  3. 3

    青木会長も力不足 男子ツアーV賞金は1000万円でも高すぎる

  4. 4

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  5. 5

    近藤真彦「退所」は“戦力外通告” 芸能活動継続には暗雲が

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    竹野内豊「イチケイのカラス」の成功に悲恋…続編期待の声

  8. 8

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  9. 9

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  10. 10

    どうする渋野 来季米ツアー切符「3つの方法」はすべて難関

もっと見る