パ投手陣の“凶作”が幸い 日ハム有原がわずか8勝で新人賞

公開日: 更新日:

「まさかボクが取れると思っていなかったので、正直びっくりしていますが、うれしいです。(来季の目標は)生まれ変わった投球をしたい」

 日本ハム有原航平(23)がパ・リーグの新人王を獲得した。

 即戦力候補として、昨年のドラフトで4球団が競合した大型右腕も、開幕前から右ヒジに不安を抱え、ようやく先発ローテに定着したのは5月に入ってからだった。

 しかも、18試合に先発して8勝6敗、防御率4.79。右ヒジを考慮され、計103回3分の1投げただけだった。1試合平均の投球回数は6回に満たない。これでは本人も納得いくはずがない。

 ここ10年間、パ・リーグの新人王に輝いた先発で、2ケタ勝っていない投手はいない。それでも新人王を取れたのだから、それだけ今季のパ・リーグが不作を通り越して凶作だったということ。有原はプロ入りした年に恵まれた。

 なお、セ・リーグはDeNAの山崎康晃が選ばれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  4. 4

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  7. 7

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  8. 8

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  9. 9

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  10. 10

    平野&中島「未満警察」もはやコメディー 敗因は幼い脚本

もっと見る