パ投手陣の“凶作”が幸い 日ハム有原がわずか8勝で新人賞

公開日: 更新日:

「まさかボクが取れると思っていなかったので、正直びっくりしていますが、うれしいです。(来季の目標は)生まれ変わった投球をしたい」

 日本ハムの有原航平(23)がパ・リーグの新人王を獲得した。

 即戦力候補として、昨年のドラフトで4球団が競合した大型右腕も、開幕前から右ヒジに不安を抱え、ようやく先発ローテに定着したのは5月に入ってからだった。

 しかも、18試合に先発して8勝6敗、防御率4.79。右ヒジを考慮され、計103回3分の1投げただけだった。1試合平均の投球回数は6回に満たない。これでは本人も納得いくはずがない。

 ここ10年間、パ・リーグの新人王に輝いた先発で、2ケタ勝っていない投手はいない。それでも新人王を取れたのだから、それだけ今季のパ・リーグが不作を通り越して凶作だったということ。有原はプロ入りした年に恵まれた。

 なお、セ・リーグはDeNAの山崎康晃が選ばれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  2. 2

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  3. 3

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  4. 4

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  5. 5

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  6. 6

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  7. 7

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  8. 8

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  9. 9

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  10. 10

    HISの澤田秀雄会長はなぜ50億円の詐欺話に引っかかった

もっと見る