• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

パ投手陣の“凶作”が幸い 日ハム有原がわずか8勝で新人賞

「まさかボクが取れると思っていなかったので、正直びっくりしていますが、うれしいです。(来季の目標は)生まれ変わった投球をしたい」

 日本ハムの有原航平(23)がパ・リーグの新人王を獲得した。

 即戦力候補として、昨年のドラフトで4球団が競合した大型右腕も、開幕前から右ヒジに不安を抱え、ようやく先発ローテに定着したのは5月に入ってからだった。

 しかも、18試合に先発して8勝6敗、防御率4.79。右ヒジを考慮され、計103回3分の1投げただけだった。1試合平均の投球回数は6回に満たない。これでは本人も納得いくはずがない。

 ここ10年間、パ・リーグの新人王に輝いた先発で、2ケタ勝っていない投手はいない。それでも新人王を取れたのだから、それだけ今季のパ・リーグが不作を通り越して凶作だったということ。有原はプロ入りした年に恵まれた。

 なお、セ・リーグはDeNAの山崎康晃が選ばれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  9. 9

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る