日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

DeNAドラ1左腕今永 ローテ入りへの課題は「外角球」の精度

 ドラ1左腕が開幕ローテ入りに前進した。

 23日、DeNAの今永(22=駒大)が韓国・サムスンとの練習試合に先発。4回2安打無失点の好投にも、「決め球に困って対応されたし、調子が良くない時にどうするか」と反省しきりだった。

「アマ球界ナンバーワン左腕」との呼び声が高かった今永が1年目から大活躍するための課題は、「外角球」だろう。

 キャンプ初日、ブルペン入りした今永はラミレス監督から「左打者の外角にカベをつくって投げろ」と指摘を受けた。視察した中畑前監督も「下半身が使えるようになれば150キロは出る」と言っていた。即戦力としての期待が大きい今永だが、在京球団のスカウトは、「右打者にも左打者にも内角には鋭いボールが行く一方、外角は抜け気味になり、キレ、制球が甘くなる傾向がある。外角への精度を高めることができれば1年目から2ケタは勝てる」と言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事