DeNAドラ1左腕今永 ローテ入りへの課題は「外角球」の精度

公開日: 更新日:

 ドラ1左腕が開幕ローテ入りに前進した。

 23日、DeNAの今永(22=駒大)が韓国・サムスンとの練習試合に先発。4回2安打無失点の好投にも、「決め球に困って対応されたし、調子が良くない時にどうするか」と反省しきりだった。

「アマ球界ナンバーワン左腕」との呼び声が高かった今永が1年目から大活躍するための課題は、「外角球」だろう。

 キャンプ初日、ブルペン入りした今永はラミレス監督から「左打者の外角にカベをつくって投げろ」と指摘を受けた。視察した中畑前監督も「下半身が使えるようになれば150キロは出る」と言っていた。即戦力としての期待が大きい今永だが、在京球団のスカウトは、「右打者にも左打者にも内角には鋭いボールが行く一方、外角は抜け気味になり、キレ、制球が甘くなる傾向がある。外角への精度を高めることができれば1年目から2ケタは勝てる」と言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  3. 3

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  4. 4

    焦るトランプ…フロリダ州で負ければ米大統領選はアウト

  5. 5

    持続化給付金の不正受給 早急に返金と自首をするべき

  6. 6

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  7. 7

    白石麻衣10.28乃木坂卒業で注目 ソロ活動と恋愛解禁Xデー

  8. 8

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  9. 9

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

  10. 10

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

もっと見る